和名は橄欖(かんらん)石 ペリドットの魅力

和名は橄欖(かんらん)石 ペリドットの魅力

みなさんはペリドットと呼ばれるカラーストーンをご存じですか?
ペリドットは8月のバースデーストーンであり、別名「イブニングエメラルド」と呼ばれるほど綺麗な輝きを放ちます。
今回は、そんな神秘的なペリドットの歴史や魅力をご紹介していきます。

ペリドットの歴史


「ペリドットを身に付けると雄弁になる」そんな言い伝えがあります。
古くは紀元前1500年に、エジプトで採掘された記録が残されており、その頃から宝石としてペリドットは珍重されてきました。
かつて十字軍が紅海に浮かぶセントジョンズ島から持ち帰ったとされていて、中世の教会では数多くペリドットが使用されています。ドイツのケルン大聖堂には、200カラット以上のペリドットが装飾されていることでも有名です。
19世紀にはヨーロッパやアメリカを中心に大流行し、人々はその美しく鮮やかなグリーンの輝きに魅了されました。
ペリドットの色味は優しいオリーブイエローから艶やかなライムグリーンまで、そのカラーバリエーションもさまざまで、好きな色を選べる楽しみも人気の理由でした。
しかし、流行とはやがて過ぎ去ってしまうもので、徐々に他のカラーストーンの人気に押されていきました。
今ではペリドットと言うと、バースデーストーンの一つという感覚しか持っていない方も多いかもしれないですが、ラウンドカットを楽しめる数少ないグリーンに輝く宝石の一つです。21世紀に入り再び人気に火が付く可能性も大いに秘めていると思います。

ペリドットの魅力


ペリドットはその独特なオリーブグリーンの色味が濃いほど価値が高いと言われており、中にはプロでなければデマントイドガーネットなどと見分けがつかないほど非常に色味の濃い美しいものもあります。
他のカラーストーンと比べてリーズナブルな値段で手に入るため、ジュエリー初心者でも親しみやすいところもペリドットの魅力の一つだと思います。
ファッションにも合わせやすいカラーの宝石であるため、シンプルなスタッドピアスやワンポイントのネックレスなど、日常のちょっとしたアクセントに最適なカラーストーンです。
ペリドットの石言葉は「幸福」「平和」「安心」など。
バースデーストーンとしてだけではなく、ペリドットは安らぎや幸せをもたらす石としてあなたの悩みや不安を解消へと導く手助けもしてくれるかもしれません。
ペリドットの持つ不思議なパワーに関しては、後述させていただきます。

ペリドットの産地や特徴


ペリドットの主な産地は、アメリカ合衆国、中国、ミャンマー、パキスタンなどが挙げられます。
特にミャンマー産のペリドットは良質なことで有名で、中でもモゴック鉱山では他にもルビーが多く産出されることで名が知られています。
ペリドット、ルビーともにですが、ミャンマー産と言えば最高品質の証でもあり、良質な石が数多く産出されています。
そして、鉱物の硬さを表すモース硬度ですが、ペリドットは6.5~7.0であり基準としては手元から地面に落としてしまった場合に運が悪ければ割れる可能性もあるくらい柔らかいです。
手入れは柔らかい布で拭くなど、丁重に扱いましょう。
宝石としてのペリドットの条件は、タイトルにもあるように橄欖(かんらん)石の一つである苦土橄欖石であることが求められます。
その美しいグリーンカラーは、昔からエメラルドと間違われるほどであり、かの有名なクレオパトラもエメラルドとペリドットを混同していたという逸話もあるくらいです。

ペリドットの持つ不思議なパワー


昔からペリドットには不思議なパワーが秘められていると信じられており、その力で邪悪なものを跳ね返すと言われてきました。
暗い世界に一筋の光を与えてくれる、そんな太陽の力を持った神秘的な石として、ペリドットは未だに根強い人気があるのも事実です。
そのパワーは邪悪なものを跳ね返すだけではなく、夫婦間にも平和・幸福をもたらすと言われています。どんなに燃えるような恋をして結婚した夫婦であっても、倦怠期を迎えることがあります。そんな倦怠期を迎えてしまった夫婦に再び幸せを運んでくれる、そんな言い伝えもあるほどペリドットは不思議なカラーストーンなのです。

リカラット編集部 監修

Twitterフォローお願いします!




ABOUTこの記事をかいた人

元宝石店の店長です。 宝石店に20年前に勤めるようになってから、ジュエリーの魅力に心を奪われました。 みなさんに分かりやすい読みやすいジュエリー情報をお届けします!