ブラックオパールだけじゃない!様々な色のオパールたち

ブラックオパールだけじゃない!様々な色のオパールたち

オパールのなかで、最も高価なものは黒を下地にもつブラックオパールだといわれています。
はっきりクリアな遊色が楽しめるブラックオパールは、産出量も少なく、最近はごく薄いグレーのものも「ブラックオパール」という名前で売られているのを見かけます。
もちろん、オパールはブラックオパールだけではありません。ほかにも魅力的なオパールはたくさんあります。
今回は、ブラック・ホワイトオパール以外のオパールを中心にご紹介します。

遊色効果を楽しめる“プレシャスオパール”

オパールというと、多くの人があの遊色効果と呼ばれる虹色の輝きを想像するのではないでしょうか。角度を変えることで、いろいろな色が浮かび上がる様子はまるで魔法の宝石のようですよね。そのような遊色効果を楽しめるオパールは「プレシャスオパール」と呼ばれています。ブラックオパール、ホワイトオパールのほか、ファイアオパールやウォーターオパールなどが該当します。

プレシャスオパールの価値


基本的に、プレシャスオパールの遊色効果にはレッド・オレンジ・イエロー・グリーン、ブルー、パープルといった色があります。なかでも、レッドの遊色効果を示すものは産出量が少ないとされているため、どのタイプのオパールであっても最高級となるケースが多くなります。

ウォーターオパールの遊色効果

プレシャスオパールのなかでも、遊色が少ない傾向にあるのが、メキシコ産のウォーターオパール。地色が透明に近いものが多く、一見水滴のようにも見えますが、角度を変えることでシャボン玉のように次々に浮かび上がる遊色を楽しむことができます。
遊色が少なく、見えにくいこともあり、価値としてはそれほど高くはありません。それでも、最近は数が少なくなってきたため、価格が上がってきていると聞いています。

ブラックオパール・ホワイトオパールの遊色効果


ブラック・ホワイトオパールの場合ももちろん、角度を変えて楽しむことはできますが、そのまま正面から見ても遊色がはっきりとわかります。やはり、ブラックであってもホワイトであっても、地の色の濃い方が遊色効果も見えやすいといえるのでしょう。特にブラックオパールの場合は、遊色のパターンによってそれぞれ呼び名が付けられています。最高級とされるのは「ハーレクイン」と呼ばれる大きな遊色が規則的に隙間なく並んだパターンです。

遊色効果のない“コモンオパール”の魅力

一般的に遊色効果のないオパールを「コモンオパール」と呼んでいます。コモンオパールは透明度の高いものが少ない傾向にあります。

コモンオパールの価値


オパールは遊色効果の美しさがそのまま価値に繋がるため、遊色効果がそもそも出ないコモンオパールは品質という面では、あまり評価されることのない宝石です。
コモンオパールの色には、透明にほんの少しホワイトを混ぜたような半透明のものから、パステルイエロー、パステルグリーン、パステルブルーなどがあります。
コモンオパールならではの、柔らかい質感とパステルカラーを楽しむことができます。

鮮やかなネオン色が美しいブルーオパール

私は個人的に宝石のなかで、一番ブルーオパールが好きです。オパールのなかでは価値が低いとはいえ、鮮やかなブルーのオパールはそれなりに人気があります。
最近は、渋めのブルーグリーンの濁ったブルーオパールを多く見ますが、ペルー産の透明感のあるスカッとした、でもほんのすこしホワイトが感じられるパステルブルーのものは、本当に美しいです。
ただし、乾燥に弱く、黄色く変色してしまうこともあるようなので、取り扱いには注意が必要です。人工的に着色されたものは特に退色しやすい傾向にあるようです。

透明感のないミルキーなピンクオパール


ピンクオパールは、ホワイトの混ざったような優しいピンクの宝石です。成分が似ているのですが、正確にはオパールではなく、別の鉱物であることがわかっています。透明感はほとんどなく、肌色に近いピンク味の少ないものから、桜貝のような美しい色のものまで、クオリティには差があります。
とはいえ、それほど高価な石ではないので、高級ジュエリーに使われることはほとんどないでしょう。

以前はメキシコ産のオパールなどは、かなり低価格で見かけたものでしたが、最近は徐々に値上がりしているように感じられます。エチオピア産の細かい遊色が出るものも一時期は安価に出回っていましたが、近ごろはあまり見かけません。
どの宝石も、産出量に限りがあるので、無限に存在するわけではないんですよね。だから、気になる宝石があれば、とにかく早めに手に入れておいた方が良いと個人的に思っています。

リカラット編集部 監修

Twitterフォローお願いします!


ABOUTこの記事をかいた人

趣味で20年以上レアストーン寄りの宝石やジュエリーを収集しています。メキシコのウォーターオパールからはじまり、既に50種類以上のルースを所持しています。王道(?)のグランディディエライトやレッドベリルをはじめ、コーネルピンやペツォッタイトといった誰も知らないような希少石も大好物。宝石を太陽光に当てたり、ブラックライトで照らしたりしてマニアックに宝石を楽しんでいます。