皇帝のトパーズ「インペリアルトパーズ」

皇帝のトパーズ「インペリアルトパーズ」

みなさんは皇帝の名を持つインペリアルトパーズをご存じでしょうか
トパーズにはさまざまな種類があり、インペリアルトパーズの他には聞き慣れたブルートパーズやピンクトパーズなどもあります。
トパーズはフッ素やアルミニウムを含んでおり、加熱や放射線の照射などで色が変わります。
それぞれ「OHタイプ」「Fタイプ」などに分けられており、インペリアルトパーズはOHタイプに属します。
そこで今回は、トパーズの中でもインペリアルトパーズに焦点を当てて、歴史や特徴などをご紹介していきたいと思います。

インペリアルトパーズとは?


トパーズにはさまざまな種類がありますが、基本的には前述したOHタイプとFタイプの2種類に分かれています。
OHタイプのトパーズは、屈折率が非常に高く長時間光に当てられても褪色することがありません。今回ご紹介しているインペリアルトパーズがまさにそうです。
そしてFタイプのトパーズですが、こちらは小さな衝撃でもヒビが入りやすく、長時間光に当てられると褪色してしまう傾向があります。実はインペリアルトパーズ以外の大半がこれに該当します。例えばホワイトトパーズやブルートパーズなどですね。

以上のことからも、カラーストーンの性質としても上質だからこそ、インペリアルトパーズは価値が高いことが分かります。
更に、主な産地であるブラジルでも上質な結晶を採掘することは難しく、その結果価値が上がり、市場に出回る際には高額な値段で取引をされるということです。

インペリアルトパーズの歴史


インペリアルトパーズは、いくつもある種類のトパーズの中でも最高ランクのトパーズです。
その名前の由来は、19世紀ブラジル皇帝のペドロ2世から来ているそうです。
実は、当時の市場で流通していたイエロートパーズの中には、後にインペリアルトパーズと命名される上質なイエロートパーズといわゆる普通のイエロートパーズの2種類あり、普通のイエロートパーズでさえもワンランク上のインペリアルトパーズのように販売される悪行が続いていました。
この混乱を収めるべく、上質なものの方を「インペリアルトパーズ」と名付け
、両者を区別できるようにしたと言われています。
名付けられた当時も今と同じく高価なカラーストーンとして重宝されていたインペリアルトパーズは、特に富豪や王家から好んで親しまれていたそうで、それは「嫉妬を避ける」「豊かさを招く」といったパワーが信じられてきたからではないかと言われています。

インペリアルトパーズの石言葉

インペリアルトパーズにも石言葉があります。
前述した嫉妬を避ける効果や豊かさを招くパワーを持ちますが、石言葉としては「力の発揮」「目的の明確化」「能力の向上」などがあります。
ちなみに、トパーズ全体の石言葉としては「消極性からの脱却」「豊穣」「出世運」などがあり、全体的に前向きな能力アップを意味する言葉が多いです。
ここぞという時に本来持っている力を100%引き出してくれるカラーストーンでもあり、どうすれば良いのか分からないという時にでも、その道標となってくれる心強いパワーを持っていると言えます。
まさにインペリアルトパーズは皇帝の名にふさわしい宝石かもしれませんね。

まとめ


いかがでしたでしょうか、皇帝の名を持つインペリアルトパーズ。その魅力は十分伝わったでしょうか。
インペリアルトパーズは、他にも開運や魔除けの効果があると言われており、風水や方位学を好む方からも愛用されています。風水や方位学的にもトパーズ同士の組み合わせは優れているそうで、ジュエリーとして身に付ける際には、ぜひインペリアルトパーズと他のトパーズの組み合わせを意識してみると良いでしょう。
きっとあなたもインペリアルトパーズの不思議な魅力に引き付けられること間違いなしです。

リカラット編集部 監修

Twitterフォローお願いします!




ABOUTこの記事をかいた人

元宝石店の店長です。 宝石店に20年前に勤めるようになってから、ジュエリーの魅力に心を奪われました。 みなさんに分かりやすい読みやすいジュエリー情報をお届けします!