380kg!? 世界最大のエメラルド原石は400億円の価値

世界最大のエメラルド1

380kg!? 世界最大のエメラルド原石は400億円の価値

世界で一番大きなエメラルドの原石をご存知でしょうか。重量は何と力士の2人分ほどもあるという、それは巨大な原石です。こちらでは、驚くほど大きなエメラルド原石とその伝説についてお伝えしていきます。

世界最大のエメラルド原石

世界最大のエメラルド2
バイーア・エメラルド原石の実物
出典元:http://channel.nationalgeographic.com/explorer/videos/the-bahia-emerald-story/

世界最大のエメラルドは、バイーア(Bahia)エメラルドと呼ばれる原石で、なんと341㎏という巨大なものです。2011年にブラジル東部の湾岸地域にある、バイーア州のカーナイバ鉱山で発見されたことから、バイーアエメラルドと名付けられました。

バイーアエメラルドは大きいだけではなく、呪われたエメラルドとしても有名な伝説があるのをご存知でしょうか。

パンサーの群れに襲われる

341㎏のエメラルド原石は、ブラジル・バイーア州のカーナイバ鉱山で発見されました。しかし、この直後から呪われた悲劇が起こるのです。

採掘者たちは、鉱山から掘り出した巨大な原石をロバに運搬させながらジャングルを通過していました。その途中、突然パンサーの群れがロバを襲ったのです。ロバが死んでしまったため運搬の手段を失った採掘者達は、自らの手で341㎏の巨大石を街まで運び出さなければなりませんでした。

こうして巨大なエメラルドの原石は、ようやく鉱山所有者の倉庫に運ばれました。ブラジルの鉱山所有者のもとで保管され、正式に売却されるはずだったエメラルド。しかしこの直後に、採掘者の一人がカリフォルニアに住む友人に個人的に連絡を取ったのです。

この一本の電話がきっかけで、エメラルドの周りでさらに不吉な出来事が起こり始めることに…。

採掘者の話を聞いた米国人とその知人は、すぐさまブラジルに駆け付けました。巨大なエメラルドを一目見て気に入った二人は、すぐに原石を密輸することに決めたのです。

米国で所有権争いが勃発

米国人二人の手によって、エメラルドは闇のルートで米国に渡ってしまいます。裏社会で危険な取り引きの的となったエメラルドは、さまざまな人物の元を渡り歩かされることに。そうするうちに、ある日ロサンゼルスで保管されていたエメラルドが盗難に遭った、という被害が警察に通報されたのです。

捜査の結果、警察がラスベガスの宝石ディーラーの身柄を拘束。盗難被害に遭っていたエメラルドは、国家が押収することになりました。

放火や誘拐事件まで発生

この盗難被害の報道がされると同時に、多くの人々がエメラルドの所有権を主張し始めました。しかし所有権が決まることはなく、多くの争いのみが勃発していきます。エメラルドの所有権を求めるがため、多額の裁判費用による破産や、放火や誘拐事件などが何件も発生したのです。

2015年に行われた裁判の結果、原石はFM ホールディングスと名乗る3人のグループが所有するという判決が下されました。その後は米国家が保管しており、現在は4億ドル(約434億円)の価値があると言われています。

新たな巨大エメラルド原石が発見される

2017年には、バイーアエメラルドが発見された100メートルほど先の場所で、新たに巨大なエメラルド原石が発見されました。重量はおよそ360㎏。高さは1.3メートルもあり、180万カラットに値する巨大なエメラルドの原石です。現在の価値はおよそ3億9百万ドル(約335億円)だと言われています。

200メートルの地中深くにあった原石を掘り出すには、10人もの労働者と1週間という期間がかかりました。

現在は匿名の個人が所有していますが、盗難や家族の身の危険を恐れて、原石を安全な場所から場所へと移動させているそうです。所有者がこの原石を売ったり寄贈するといった意志は見せていませんが、購入したいという声は続々と上がっている様です。

ブラジルは世界有数のエメラルド産地

世界最大のエメラルド2
ブラジルは高品質のエメラルドが産出される事で知られています。特にミナスジェライス州のイタビラとノバエラ鉱山で採れるものはブラジル産の最高品質であると評価されています。

ミナスジェライスでエメラルドが発見されたのは1979年とごく最近です。イタビラ産は黄色味のある深い緑色で、エメラルドとして大変理想的な色をしていると評判です。

まとめ

世界最大のエメラルド3
世界最大級の宝石には多くの人々が注目し、時には悲劇が起きたり伝説が生れたりします。ブラジルで発見されたバイーア・エメラルドも、呪われたエメラルドとしてその名が知られているひとつです。

とても巨大で美しいエメラルドの原石。隠れた場所に保管されているより、博物館などに寄贈されて、沢山の人達に見てもらえる方が、よほど幸せなのではないでしょうか。

リカラット編集部 監修

Twitterフォローお願いします!


ABOUTこの記事をかいた人

マクロクリンイクミ。Gem-Aで学んだ後、2001年にFGAとDGAを取得。宝石の歴史や伝説などについてのお話と、19世紀末のアール・ヌーヴォーのデザインがお気に入り。好きな宝石は、深いコバルトブルーをしたアウイナイトです。ロンドン在住。