今なら地価2600億円!? 世界最大のダイヤモンド、3106カラットの「カリナン」

ダイヤモンド

今なら地価2600億円!? 世界最大のダイヤモンド、3106カラットの「カリナン」

アフリカのスターとして知られる、世界最大のダイヤモンド原石カリナン。南アフリカのトランスバールで発見され、政府から忠誠を誓って英国王室に贈呈されました。

カリナンには紛争や不吉な呪いといった、まつわり話は全くありません。100年以上もの間英国王室によって大切に守られ、一般にも公開されています。こちらでは、栄光のカリナンダイヤモンドの歴史や価格、そして分けられた9個のカリナンについてお伝えしていきます。

1 世界最大のカリナンダイヤモンドとは

ダイヤモンド鉱山

1-1 最初はガラスと勘違い

カリナンは1905年1月26日に南アフリカのカリナン鉱山で発見されたダイヤモンドの原石で、3106.75カラット(621.35g)という世界最大の大きさです。

鉱山の監督フレデリック・ウエルズが見回り中、鉱山の壁にガラスのようなものを発見。ポケットナイフで削ると、巨大なダイヤモンド原石が現れたという事です。その後そのダイヤモンドの原石は鉱山の所有者であるトーマス・カリナンに敬意を表し、カリナンと命名されました。

1-2 オリジナル価格は15万ポンド

カリナンの原石は、当時英国植民地であった南アフリカのトランスバール政府が、15万ポンド(約2300万円)で買取りました。この世にまたと無い希少な原石には、なんと購入価格の10倍もの保険が掛けられたそうです!

1-3 英国王室に贈呈される

カリナンはトランスバール政府から当時の英国の国王エドワード7世に、誕生日の記念として贈呈されます。
当時、世間にはこの原石を蒸気船内にある船長の金庫に入れ、数名の護衛と共に運搬されるという情報が流れたそうですが、実際には船にあったのは偽物で、本物は普通の箱で郵送され、郵便受けに入れられたそうです。

カリナンの姿に感激したエドワード7世は、アムステルダムの一流研磨士、アッシャー兄弟にカットを依頼します。原石は9個の大粒と96個の小粒にカットされました。

2 世界最大ダイヤモンドは、原石なら24億ドル以上の価値!

はかり
カリナンは、価格が付けられないほどの価値があると言われています。原石からカットされた最大のカリナンⅠは、推定価格4億ドル(約440億円)と言われており、3106カラットの原石であれば24億ドル(約2600億円)以上の価値があるだろうと言われています。

3 英国王室が所有する世界最大ダイヤモンド-9個のカリナン

カリナンⅠ:グレートスターオブアフリカ(530.2ct)

ペアシェイプカット、大きさは現在世界第2位です。英国王室の王笏に飾られ、ロンドン塔に展示されています。取り外し可能で、ペンダントやカリナンⅡと共にブローチとして王族が着用する事もあったそうです。

カリナンⅡ:セカンドスターオブアフリカ(317.4ct)

クッションカットのダイヤモンドは、英国王室の王冠前部に装飾されています。

カリナンⅢ(94.4ct) &Ⅳ(63.6ct):レッサースターズオブアフリカ

ブローチ下部分のⅢはペアシェイプ、上部のⅣはクッションカットで、ふたつともメアリー女王の王冠に装飾されました。現在は両方を繋げたブローチとなり、エリザベス女王が何度か身に着けています。

カリナンⅤ (18.8ct)

ハートシェイプにカットされ、周りにダイヤモンドを散りばめたブローチとなりました。メアリー女王とエリザベス女王のお気に入りだそうです。

カリナンⅥ (11.5ct)

マーキスカット(写真下部分)で、カリナンⅧのブローチのドロップにセッティングされました。エドワード7世がアレクサンドラ女王に贈り、後にメアリー女王からエリザベス女王へと引き継がれました。

カリナンⅦ (8.8ct)

カリナン7
出典元:http://fortune.com/

(写真下のドロップ部分。上部はカリナンⅢ&Ⅳのブローチです)
マーキスカットで、エドワード7世がアレクサンドラ女王に贈りました。王の死後メアリー女王に引き継がれ、有名なエメラルドのデリー・ダーバー(Delhi Durbar)ネックレスの一部となります。

カリナンⅧ (6.8ct)

カリナンⅥの写真で紹介したブローチの上部分です。クッションカットにされ、豪華なブローチのセンターにセッティングされました。

カリナンⅨ (4.39ct)

ペアシェイプにカットされ、プラチナのカリナンⅨリングにセッティングされました。

まとめ

エリザベス女王

Photo by : Pumidol / Shutterstock.com

ため息が止まらないほど、美しくて輝かしいカリナン・ダイヤモンドのコレクション。現在も英国王室が所有、いくつかはロンドン塔の王室宝飾コレクション内に展示されています。バッキンガム宮殿で一般公開される事もあり、エリザベス女王がカリナンを身に着けている姿も時々見かけられている様です。

リカラット編集部 監修





1 個のコメント