価値は100分の1?偽宝石の代表例「ダブレット」をまとめてみたよ

RECARATはTwitterもやっています

今回はそのTwitterで反響の特に高かった宝石の【偽物】の1つである「ダブレット」に関する情報をまとめてみました。

ダブレットオパール(偽物オパール)

まずは一番分かりやすいダブレットオパールから。

ていうか「ダブレット」て何?

「携帯用」ではありません。

「ダ」ブレットです。

ダブレットは英語で書くと「doublet」。「二重語」や「二重レンズ」などと訳されます。

double(ダブル)が語源なので、何か2つ別のモノがいるんだろうなぁということは想像がつくかと思いますが、宝石業界だと「別のものを貼り合わせてる」くらいの意味で用いられます。

じゃあ何に何を張り合わせてるのか?

厚いプラスチックに、薄いオパール片を貼り合わせているんです。

これです。これ。見えますか?

先程の宝石を横から見ると、表面に薄ーーーいオパールが貼ってありますが、ほとんどが白いプラスチックだということが分かるかと思います。

ライトを当てるとより一目瞭然です。

この写真だとこんなに分かりやすいですが、光の当たり具合や見る角度によっては普通のオパールと見分けがつきません。

それでは次のダブレットです。

ダブレットルビー(偽物ルビー)

2つ目は「ダブレットルビー」です。

ルビーの偽物というと合成石やガラス製のもの、それからスピネルという混合石などが有名なのですが、ダブレットのルビーも存在します。

古今東西、多くの方から愛され続けているルビーは、その人気にあやかっての偽物のバリエーションも多いのです。

上がちょうどその偽物ルビー(ダブレット)の写真なのですが、

うーん、、、

どうでしょう?

さっきのオパールに比べて「貼り付け」てある感がより分かりにくくないですか。

つまりそれだけ巧みな「偽物」ということです。

試しに先程と同様、下から光を当ててみましょう。

あ!何か!

ちょっと違和感を感じますよね。

クラウンとパビリオンの境目(ガードルと呼ばれる部分)に、薄ーーーく接着剤の層があるのが見えますでしょうか?

これはクラウン(ガードルより上、要は表面の部分)だけが天然ルビーで、パビリオン側は合成ルビーという形式のダブレットです。

このタイプの偽物ルビーは質屋さんでも見抜けない場合が多いそうです。

一般の方が見極めるのはかなり厳しいといえます。

最後に

いかがでしょうか、ダブレット。

記録によるとローマ帝国の時代から存在したと言われる「偽宝石」の代表選手です。

ちなみにローマ帝国といえば約2000年前のできごと。

宝石業界の歴史を感じます。

しかし何千年も何千年も、騙し騙され続けてきたなんてすごい産業ですよね笑。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

リカラット編集部 監修





ABOUTこの記事をかいた人

リカラットONLINEを影で支えるべく、CSSをイジったりバナーをつくったり色々とやっています。 ライターとしてはまだまだ勉強中。好きな石はオパールです。オパールの虹色の様なきらめきは「遊色効果」といいます。 「色を遊ぶ」という表現が素敵だなと思います。がんばります。