日本の17倍規模!?海外の宝石・ジュエリー展示会一覧

宝石鑑別士/鑑定士。ジュエリー関連で10年以上勤務。宝石の歴史や伝説などについてのお話と、19世紀末のアール・ヌーヴォーのデザインがお気に入り。宝石やジュエリーの魅力について、深く探求するのが大好きです。

日本の17倍規模!?海外の宝石・ジュエリー展示会一覧

海外には、日本の17倍ともいえる大規模な宝石・ジュエリー展示会が定期的に開催されています。国際的なジュエリー展示会だけあって、世界中から多くの企業が出展し、バイヤーも世界中から訪れています。

こちらでは、アジア、アメリカ、ヨーロッパの各地で開催されている、世界的に有名な7つの宝石・ジュエリー展示会をご紹介していきます。

アジア

バンコク宝石・宝飾品フェア(Bangkok Gem & Jewelry Fair)

Bangkok Gem & Jewelry Fair
公式web:http://bkkgems.com/

タイのバンコクで毎年2月と9月に開催される、世界有数の大規模な展示会です。2018年2月のフェアでは約900社が出展しました。61回目である2月には「ヘリテージ&クラフツマンシップ(遺産と職人技)」という新テーマを設立、タイの伝統的な宝飾加工技術に関する展示をスタートしています。

香港ジュエリー&ジェムフェア (Hong Kong Jewellery &Gem Fair)

世界中で宝飾展示会を開催するUBM社が運営する世界最大規模の展示会で、毎年6月と9月に開催されています。2018年6月のフェアには世界40ヵ国から集まった約2,200社が出展、約25,000人が訪問しました。香港インディアンダイヤモンド協会(HKIDA)や国際カラーストーン協会(ICA)も出展しています。

インド国際宝飾展(India International Jewellery Show)

India International Jewellery Show
公式web:https://iijs.org/

毎年8月にインドのムンバイで開催される展示会。ルースストーンや合成石から、宝石のカット・研磨、ジュエリー制作を行う企業、鑑定や教育機関などなど、あらゆる宝飾関連企業約1300社が出展します。見本市はジュエリー・宝石セクションと加工セクションに分かれ、別の会場で開催されています。

アメリカ

JCKジュエリーラスベガス (JCK Las Vegas)

毎年6月にラスベガスで開催される、アメリカ最大の展示会です。宝石やジュエリーから時計、各種機械、テクノロジー、防犯、ビジネスソリューションなど、世界中で宝飾ビジネスに関わる約2,300社の企業が出展、23,000人以上のバイヤーが展示会を訪れます。GIAのブースでは、宝石の鑑別と簡易レポートの発行や宝石学セミナーなどを行っています。

AGTAジェムフェアツーソン(AGTA Gem Fair Tucson)

カラーストーンのプレミア・ショーとして世界的に知られている展示会です。米国アリゾナ州ツーソンで毎年2月に開催、AGTA(米国宝石取引業協会)加入の信頼と実績のある業者のみが出展できます。毎年約300企業が出展、8,000人以上のバイヤーが世界中から訪れています。

AGTAジェムフェアは毎年6月にラスベガスでも開催されています。

ヨーロッパ

スイス バーゼルワールド(Basel World)

スイスのバーゼルで毎年3月ごろに開催される、時計とジュエリーの国際展示会です。約45か国から有名宝飾ブランドを含む2,000社ほどの企業が出展し、世界中から95,000人以上のバイヤーが訪れています。チケットや日程、場所などの情報はアプリをダウンロードすることで入手可能です。

パリ ビジョルカ(Bijorhca The International Jewellery Show)

パリで毎年1月と9月に開催される、高級ジュエリーと時計、ゴールドやギフト品の展示会です。世界中からジュエリー店やデザイナー、卸、製造業など500以上の企業などが出展し、12,000人ほどのバイヤーが訪れています。新進デザイナーによるジュエリー作品など、最新トレンドや新しい才能を発掘できる場所としても知られています。

まとめ


世界規模で開催されている海外の宝石・ジュエリー展示会をご紹介しました。
いずれも世界中からバイヤーが訪れ、ほとんどが3~4日ほどの日程で開催されています。

これらの展示会では、入場を宝飾関連業者またはジュエリー関連の学生のみに制限しています。事前にオンライン予約をするのが一般的ですが、当日会場で直接入場手続きをすることも可能です。
ただしその場合は本人確認の書類等が必要になりますので、前もって調べてから行くようにして下さいね。

リカラット編集部 監修





ABOUTこの記事をかいた人

宝石鑑別士/鑑定士。ジュエリー関連で10年以上勤務。宝石の歴史や伝説などについてのお話と、19世紀末のアール・ヌーヴォーのデザインがお気に入り。宝石やジュエリーの魅力について、深く探求するのが大好きです。