今日からできる!アクセサリーや宝石を魅力的に写す写真の撮り方!

女性カメラマン

茨城県取手市のライター。ジュエリー業界のコラムを執筆。お気に入りのリングは、誕生石アクアマリンがハートにカットされたピンキーリング。ピアスが大好きで18金の揺れるピアスを愛用♪ハワイアンジュエリーが好きすぎて、結婚指輪もハワジュに♪オニキスとダイアモンド、そしてゴールドが似合うオトメ。

今日からできる!アクセサリーや宝石を魅力的に写す写真の撮り方!

ハンドメイドで上手にアクセサリーが作れたり、お気に入りのアクセサリーがあると誰かに共感してもらいたくなったりしませんか?
そんな時、重要なのが写真ですよね。

しかし、正直なところ”上手く撮る”ことは意外と難しく、撮影に悩んでいる人も多いようです。
今回は、プロでなくてもアクセサリーや宝石がキレイに撮れる写真の撮り方を紹介します。

撮り方① イメージを膨らませられるような画

女性ネックレス
写真は、いかに相手の想像力を引き立てられるかが重要です。

例えば、アクセサリーや宝石だけの写真とそれを身に着けてる写真を比較したとき、身に着けている写真のほうが自分が着けたときの姿を想像させやすいです。

よく見かけるのは、ネックレスの写真。
ネックレスは長さによって見え方が異なるので、実際に誰かが着けている方が想像しやすいですよね。

撮り方② キラキラ感を増す光の魔法

ゴールドリング
アクセサリーや宝石の魅力といえば、なんといってもキラキラ感!

肉眼ではきれいに見えるアクセサリーや宝石も写真にしてしまうとその輝きがうまく撮れないことありますよね。
そんなときは、光を上手に使ってキラキラ感をアップさせることがポイント♪

プロが使うようなライトを使わなくてもスマートフォンなどのライト機能を使えば簡単に光のマジックをかけることができちゃいます!

まず、撮影する部屋を自然光にします。
そして、撮りたいアクセサリーやジュエリーの横もしくは逆光になる位置からライトを当てます。
これだけでキラキラ感が増して、ジュエリーショップのショーケースのような見た目になりますよ♪

撮り方③ 撮りたいアクセサリーをメインにする

パールネックレス
写真を撮るとき、多くの人がやってしまいがちなのが一つの写真の中にいろいろな被写体を入れてしまうこと。
たくさんの被写体を入れ込むことで、一番目立たせたい部分の魅力がぼやけてしまいます

例えば、ネックレス。
ネックレスの場合は、チェーンよりもペンダントトップにズームして撮影をしたほうがアクセサリーや宝石の魅力が伝わりやすくなりますよね。

ほかのアクセサリーでもそれは同じこと。
どこか見せたい部分を決めてズームしてみましょう!

撮り方④ 立体に見える角度で撮る

ジュエリー
写真は肉眼で見るよりものっぺりとした状態に見えてしまうことがよくあります。

これは、撮影をするときの角度に問題があるから。
撮りたい被写体を立体的に見えるようにするには、真正面から撮らないことがポイント

被写体となるアクセサリーや宝石の少し斜め上や少し斜め下から撮るようにしましょう!
ポイントの部分にピントを合わせて背景を少しぼかすように撮ると、アクセサリーや宝石のキラキラ感が映える写真を撮ることができますよ。

撮り方➄ アイテムを使ってオシャレ感をアップ

ジュエリー2
アクセサリーや宝石などの写真を撮るときは、ちょっとした小物アイテムと一緒に撮影をするとフォトジェニックな出来栄えになります!
アイテムに使う小物は、季節に合わせて選ぶと雰囲気がでます。

例えば、夏っぽいアクセサリーならグラスなど透明感のあるアイテムと一緒に撮ると涼しさを感じさせる1枚に。

小物は100円均一の小物でも十分可愛らしいものを揃えることができますので、アクセサリーや宝石を引きたてる小物を見つけて一緒に撮ってみましょう!

撮り方⑥ 写真編集アプリを使って可愛さ増し!

スマートフォン
写真編集アプリを使えば、手軽にしかもプロ並みの出来栄えで素敵な写真が撮影できちゃいます

アプリによっては、機能が異なるのでいくつかのアプリを使ってお気に入りの一枚を作ってみましょう!

撮り方➆ 画面を分割して撮影をする

女性構図
撮影をするときに必ず見る画面。この画面を2分割や4分割など頭の中で分割します。

分割した画面の中にポイントにしたい部分を当てはめて撮影をすると、バランスの良い写真が撮れます。

まとめ

女性カメラ
いかがでしたか?写真の撮り方を知っておくことで、他と差をつけたフォトジェニックな写真を撮ることができます。
ポイントは、被写体となるアクセサリーの「ここが素敵!」という部分をしっかり写すこと。

角度や光の当て方など、ひと手間かけることでアマチュアでもプロのような写真を撮ることができます。この撮り方なら特別な撮影機材を使わなくても、スマートフォンでも一眼レフでも、肉眼以上の魅力を写真にすることができます。

ぜひ試して、素敵な一枚を作ってみましょう!

リカラット編集部 監修

Twitterフォローお願いします!




ABOUTこの記事をかいた人

茨城県取手市のライター。ジュエリー業界のコラムを執筆。お気に入りのリングは、誕生石アクアマリンがハートにカットされたピンキーリング。ピアスが大好きで18金の揺れるピアスを愛用♪ハワイアンジュエリーが好きすぎて、結婚指輪もハワジュに♪オニキスとダイアモンド、そしてゴールドが似合うオトメ。