きっちり知りたい!宝石のエンハンスメントとトリートメントの違いについて

女の子疑問

きっちり知りたい!宝石のエンハンスメントとトリートメントの違いについて

『宝石の裏側』の著者、内藤幹弘氏によると、現在販売されている宝石の9割は整形美人とのこと。

永遠の輝きを放つダイヤモンドも、真っ赤で美しいピジョンブラッドも、実はみんな整形美人だったとしたら…。天然にこだわる私にとっては、ショックが大きすぎます。

なぜなら、生まれた時からの美人と整形美人では、同じに見えても価値が全く違うからです。

最初からわかっているならいいですが、整形美人を知らずに高値で買って後悔したくないですよね。宝石の価値を左右する人工処理について知っておきましょう。

「天然?」「天然じゃない?」人工処理に対する考え方

カラーストーンルーペ
まず、誤解してほしくないのが、人工処理されているからといって、天然石でなくなるわけではないということ。

そもそも、「天然石」という言葉は人工石ではないということを指します。

人工処理を受けたものであっても、ちゃんと鉱山で発掘され、カットされて研磨されている、れっきとした天然石なんです。

そもそも人工石は美しいものを人工的に作るというのが目的。製造後にさらに人工処理が必要になるということはないでしょう。

つまり、人工処理を施されている時点で、天然石であると判断しても良いと思います。

宝石の人工処理には2種類ある

ピース
宝石に施される人工処理には、「エンハンスメント」と「トリートメント」という2種類があります。一言で説明すると、「エンハンスメント」はエステのようなものですが、「トリートメント」は整形のようなもの

それぞれの処理について詳しくお話しいたします。

エンハンスメント

エンハンスメントは英語で「改良」という意味を持つ言葉。鑑別書やソーティングでは、「通常、○○が行われています」と記載されます

加熱によって宝石本来の色を引き出したり、クラックや内包物の多い宝石に透明剤を充填して見た目を改善したりといった処理のことを指します。

ちなみに、分かりにくいのですが、宝石によって「通常処理」の内容は異なります。後でそれぞれの処理について詳しく説明しますが、その点は注意してください。

一般的には、「宝石がもっている潜在的な美しさを引き出す目的で用いられる人的手段」という認識をされており、宝石の価値に著しく影響するものではありません。

トリートメント

エンハンスメントは「宝石本来の美しさを引き出す処理」ですが、トリートメントの場合は宝石の改変を行う処理です。

自然界では起こり得ないような科学的な変化を引き起こし、色や透明度を大きく変えてしまうので、発掘時と同じ宝石とは思えないほどに見た目が変わります。

もちろん、目的はエンハンスメントと同じで「宝石をより美しくすること」なので、トリートメントを施されたものは、とても美しい宝石になることが多いです。

ただし、元々の見た目とはかけ離れた色や透明度となるため、宝石としての価値は著しく低くなり、価値がほぼゼロとなるケースもあります。

宝石によって変わる!?エンハンスメントorトリートメント

キラキラ宝石
先ほどもお話しましたが、どの処理がエンハンスメント(通常処理)に当たるのかは、宝石によって異なります。

この処理はエンハンスメント、この処理はトリートメントというものではないのです。同じ処理であっても、宝石によってエンハンスメント扱いだったり、トリートメント扱いだったりします。

代表的な人工処理についてご紹介しながら、対象となる宝石についてまとめました。

エンハンスメントとみなされる処理

まずは、エンハンスメントと分類されることがあり、宝石の価値に大きくは影響しない人工処理をご紹介します。

加熱処理

サファイア
加熱処理は人工処理の中でも最もメジャーで、一般的に流通するほとんどの宝石に施されているもの。加熱処理のみであれば、どの宝石でもほぼエンハンスメントとされます。

通常、加熱が行われる宝石については、特別な検査をしていない鑑別には「通常-加熱(通常、加熱処理が行われている)」という記載がされます。代表的な宝石は下記の通り。

  • サファイア
  • ルビー
  • アンバー(琥珀)
  • タンザナイト
  • アクアマリン
  • ピンクトパーズ
  • ジルコン
  • シトリン
  • アメシスト
  • トルマリン

コランダム(サファイア、ルビー)を例に挙げると95%を超えるものが加熱処理を施されているといわれています。つまり、ほとんど全てが加熱処理をされているということですね。

サファイアの場合は、高温で加熱されることで、中に含まれる有色元素の酸化チタンが内部拡散を起こし、色が濃く変化します。

紫色のパライバトルマリンが加熱により蛍光ブルーになるというのも有名な話ですね。

どの宝石でも加熱されたものと比べると、非加熱のものは価値が高いです。でも、非加熱で美しい宝石は、地熱などで自然に加熱されただけなのではないかともいわれています。

人の手が加わることに変わりはないものの加熱処理は色を改変するわけではなく、本来の宝石の色を引き出すだけなので、まさに「宝石本来の美しさを引き出すための処理」といえるのではないでしょうか。

含浸処理

エメラルド
含浸処理は一般的にはオイル処理とも呼ばれる人工処理です。

含浸処理がエンハンスメント扱いになるのは下記の宝石。インクルージョンやクラックが宿命とされる宝石ばかりです。

  • エメラルド
  • レッドベリル
  • ペツォッタイト
  • アウィナイト

含浸処理を施される宝石の代表格は、エメラルド。

無処理のエメラルドは10万個に1つ程度しかないといわれているほど、普通に行われている処理です。

エメラルドの特徴ともいえるクラックや傷を目立たなくして透明度を上げるために透明材(オイルや樹脂)を注入しています。

本当かどうかは分かりませんが、エメラルドを家庭用の植物油に浸けておくと、色が格段に良くなるという話もあります。

また、表面のざらつきを改善するために、ワックス加工という表面への含浸を行う場合もあります。代表的な宝石は下記のようなものです。

  • 翡翠
  • サンゴ
  • ターコイズ
  • ラピスラズリ

ただし、どちらの場合も色のついた着色オイルや樹脂などによる色の改変が見られる場合にはトリートメント扱いとなります。

ホワイトオパールに黒い含浸剤を充填して、ブラックオパールとして売るなどがその代表例となります。

飽くまでもエンハンスメントとみなされるのは、透明剤の充填までです。

また、ルビーの含浸は一般的に、エンハンスメントでなくトリートメントとみなされます。

含浸ルビーと呼ばれ、宝石としての価値はほぼなくなるので、覚えておきましょう。

トリートメントとみなされる処理

次にトリートメントに当たる処理についてご紹介します。中には、通常処理のように当たり前に行われていて許容されているものもあります。

照射処理

ブルートパーズ
照射処理というのは、宝石に放射線を照射する処理のこと。コバルト照射とも呼ばれています。たった数時間で、宝石の色を美しく変化させることができます。

照射処理は宝石の種類によっては、ほぼ全てに行われているケースもあり、トリートメントに分類されるものの、エンハンスメントのような扱いを受ける場合もあります。

★通常、照射処理が行われている宝石

  • ピンクトルマリン
  • レッドトルマリン(ルベライトも含む)
  • ブルートパーズ

★無処理と明らかに区別される宝石

  • ダイヤモンド

照射処理を施されたダイヤモンドは、毒々しいほどに鮮やかなブルーやピンク、イエローなどのカラーダイヤモンドとなります。

トリートメントダイヤと呼ばれる処理石は、天然のカラーダイヤと比較すると遥かに価値が低くなります

その他のトリートメント処理

他にもトリートメントにはいろいろなものがありますので、いくつか紹介します。

★染色・着色
染料や着色剤といった化学薬品を使用して、宝石に色を付けます。

★ガラス充填処理
クラックや内包物が多いルビーなどによく使われる鉛ガラスを充填する処理です。この処理をされたルビーはほぼ価値ゼロです。

★ベリリウム拡散加熱処理
加熱処理のなかでベリリウムを表面に拡散する処理。パパラチアサファイアや、レディッシュサファイア(レッドサファイア)などでよく行われています。

パパラチアサファイアの場合は、ベリリウム拡散処理が施された場合はパパラチアとは認められません。

パパラチアサファイアに施される「ベリリウム拡散加熱処理」とは

★レーザードリル処理
ダイヤモンドの黒いインクルージョンまで穴をあけ、酸で漂白して目立たなくする処理です。

処理についての知識を持つことが大切

ハート型ストーン
海外ではトリートメントとエンハンスメントを明確に分けていない国がほとんだといわれています。

日本では、以前は宝石に処理をして、時間が経過すると効果が薄れたりして元に戻ってしまう場合はトリートメント、そうでないものはエンハンスメントと区別して呼ばれていました。
しかし最近ではAGL(一般社団法人 宝石鑑別団体協議会)加盟の鑑別機関では、トリートメントとエンハンスメントは区別していません。

小売店や、AGL以外の鑑別機関が発行する鑑別書には、トリートメントやエンハンスメントという文言が記載されることがあります。

鑑別書が手元にあれば、確認してみてください。

ほとんどの場合、「一般的にエンハンスメントが行われています」や「〇〇〇によるトリートメントの改変を認む」という1文があるはず。

記載されている処理が宝石の価値にどのような影響を与えるのか、知っておくと良いでしょう。

あなたの大切な宝石の価値がこのたった1文で大きく変わってしまう可能性があるのです。

鑑別書・鑑定書の料金と特徴は?プロ厳選”5つの宝石鑑別機関”

リカラット編集部 監修

Twitterフォローお願いします!




ABOUTこの記事をかいた人

趣味で20年以上レアストーン寄りの宝石やジュエリーを収集しています。メキシコのウォーターオパールからはじまり、既に50種類以上のルースを所持しています。王道(?)のグランディディエライトやレッドベリルをはじめ、コーネルピンやペツォッタイトといった誰も知らないような希少石も大好物。宝石を太陽光に当てたり、ブラックライトで照らしたりしてマニアックに宝石を楽しんでいます。