今更聞けない(泣)パワーストーンも宝石なのになぜ安いの?理由は?疑問に徹底回答

パワーストーン2_1

今更聞けない(泣)パワーストーンも宝石なのになぜ安いの?理由は?疑問に徹底回答

暑い日が続くこの頃。。。暑さを少しでも凌ぐため、老若男女問わず少し露出の多い洋服を着る方が増えてきていますよね。

露出した肌にネックレスやブレスレットなど多くの宝石がキラリと輝く演出したくなるのもこの季節の特徴ではないでしょうか?

私もこの季節になるといつもよりも多くジュエリーボックスを開けてニマニマしてしまいます(笑)

そんな私の近況はさておき、この季節につけたいアイテムの一つにパワーストーンのアクセサリーなどもあるかと思います。

ここ十数年のうちに、いろいろのブームが合わさり、昔はいかついイメージがあったパワーストーンブレスレットも今や下は小学生から上はシニアの方まで価格も安いため気軽につけられるアイテムになりました。

需要が高まるにつれパワーストーン専門店も町中に増えて、取り扱う石の種類も数多く、宝石屋さんで聞き慣れた石もパワーストーンとして入ってきています。

しかし値段としては宝石とパワーストーンは大きく異なります。何故なのでしょうか?

ここでは、パワーストーンとして使われる石とジュエリーとして使われる石の違いを質と仕入れに分けて解説していきます。

ジュエリーに使われる石とパワーストーンの石の違い

パワーストーン2_2

ランク分け

宝石になる石とパワーストーンになる石はどこで分けられているのでしょうか?

それはずばり、発掘されて間もない原石の時点で大きく3つにわけられます。

分け方は以下の3つ

ジェムクオリティ
→品質がずば抜けていいもの

ジュエリークオリティ
→ジェムまでは品質はいかないがきれいなもの

アクセサリークオリティ
→ジェムとジュエリー以外の物

ではこの3つに分ける時、何を見て分けているのでしょうか?

それは、発掘直後の「色」と「透明度」です。

つまり、美しい宝石と言われるものは透明度が高いということになります。

色に関しては基準が難しいところがあるので一先ずすみっちょに置いといて、透明度の基準についてお話ししましょう。

透明度の基準

とは言え、この3つを身近に比べることはなかなか難しいので、透明度でこの3つを分けた場合を車のフロントガラスで例えてみます。

ジェムクオリティ
→納車したてまたは洗車したてのフロントガラス

ジュエリークオリティ
→上記の状態から2日3日経って少し埃が付いた状態

アクセサリークオリティ
→日にちもだいぶたち少し白くなった状態

です。

最近よく出回っている石で「アクアマリン」や「サファイア」等は比較してみると特にわかりやすいです。

透明度が低く中にクラックや内包物があったりするものは、天然石としても安い価格であつかわれ、透明度が高く内包物もほぼなく照りがあるものは、ジュエリーとしての希少価値も上がり高単価であつかわれます。

価格について

ジュエリーと天然石の大きな違いは、質も勿論ですが価格も大きく違います。

しかもお店によって大きく違っていたり、安く仕入れをできてるのはどうしてでしょうか?

価格を大きく左右するほんとは内緒な(笑)仕入れ方法をご紹介しましょう。

直接仕入れ


多くの天然石は日本では取れないため、海外で人を雇って現地や集散地で仕入れをお願いし、日本に送ってもらっていたりします。ただ人件費が発生するため仕入れ代に金額がかさみます。

最近ではより安い価格で販売するために、お店のオーナーや店員が現地に飛び直接仕入れを行い、自ら金額交渉や大量仕入れをすることでコストを減らし商品を安く提供しているお店もあるそうです。

たまに社員旅行を兼ねて仕入れに行かれる会社さんもあるようで一石二鳥ですね☆

大量買い付け

カラーストーン
1つ1つ品質を指定して仕入れてしまうと、品質を分ける際に人を雇って仕分け作業をする必要が出るため、人件費が発生してしまいます。

なので、単価を安くするために品質関係なく袋いっぱいに買って、自分たちで品質を分けて店頭に出していく方法を取ったりします。

当たりはずれはありますが、宝さがしみたいでワクワクする仕入れ方法です。

現金買い付け


ほとんどの天然石は海外でとれるため、外国のお金でのやり取りになります。

しかし為替とは日々変動するものなので、直接買い付けをする際日本円に直すと金額が変わってしまいます。

海外旅行に行かれる方はご存知の方も多いかもしれませんが、海外でクレジットカードを使うと日本で請求時に外貨取扱手数料が発生してしまいます。

なので、あらかじめ仕入れる国が決まっているお店などは、少しでも安く仕入れるために為替相場を常にチェックし、円高時に現金を交換しておいて、持って行かれる所もあるそうです。

そうする事で仕入れ時に日々変動する為替を気にする事なく買い付けができ、後で請求されるであろう外貨手数料を商品代に余分に上乗せする必要もなくなります。

または、販売専門業社ではなく、より安い価格で仕入れるために現地の一般の人から買い付けをするため、カード利用ができなくて、現金のみで取引する場合もあるようです。

注意すること

パワーストーンが流行ったもう一つの要因としては、テレビでのスピリチュアル効果についての紹介があったのも要因です。

数年たった今でもスピリチュアルブームは色濃く残り、石の価値ではなく石の効果を謳い、必要以上の付加価値をつけ、破格の値段で販売する悪徳業者が後を絶ちません。

実際に私も宝石業を始める前に、とある業者から購入した天然石に、スピリチュアルな効果の付加価値をつけられ、1本数万円払った記憶があります。
その後も浄化の石にさらに数万円!とか言われたため怖くなり、そこの業者とは付き合いをやめました。

今自分で調べてみたら、天然石を扱っている宝石店では数百円で販売されていました(泣)しかも実際にその業者がいうような効果はなく現在にいたります(苦笑)

今だったらおそらく石の価値からの判断をしていたと思いますが、当時はど素人だったため見抜けず苦い思い出です。

そういう業者は、購入者がメンタル的に弱っているところにつけ込み販売してくるので気を付けましょう。

なによりも、早くそんな業者がなくなり石本来の美しさ良さで価値を見出し多くの人が楽しめる世の中になる事を願うばかりです。

終わりに

パワーストーン4
値段が安い高いなどはそれぞれにありますが、なによりもジュエリーも天然石も、地球が何億年と歴史を重ねて出来上がった自然界からのプレゼントの一つだと思います。

1つ1つの石にはあなたに出会うまでに積み重ねてきた物語があります。

人がつけた無理くりな意味での出会いではなく、ジュエリー同様に、その天然石達に出会えたのも何かのご縁だと思いますので、大切につけていきたいものですね。

リカラット編集部 監修

Twitterフォローお願いします!




ABOUTこの記事をかいた人

前職美容師時代にヘアーショーで携わった際に宝石の魅力にひかれて転職し宝石店で7年勤務。 好きすぎてタイやスリランカに行ってしまったりジュエリーコーディネーターやリモデルの資格を取ってしまう、現在は子育てのため休憩中。ジュエリーコーディネートなどのリフォームアドバイス活動をしています。 好きな宝石はタンザナイトとバイカラーサファイヤ