自分で砂金をゲット!日本全国にある、まだまだ砂金が採れる場所

砂金1

小学6年生の時に古代エジプト展に展示されていた宝飾品を観て宝石にハマる。大学で金工を専攻。宝石の卸売会社で7年間働いた経験あり。好きな石はダイヤモンドと翡翠。

自分で砂金をゲット!日本全国にある、まだまだ砂金が採れる場所

黄金の国、ジパング。日本はかつてそう呼ばれていました。

資源欠乏国と言われる日本ですが、実は全国どこでも金が採れる黄金の国。(日本の河川の95%から砂金が採れるという報告があります。)
数年前にEテレの「すイエんサー」という番組で、山梨の金鉱山跡から荒川の川辺まで歩いて砂金をゲットする番組がありました。

すごい!私もさっそく東急ハンズで購入したパンニング皿(砂金を採るための専用の器)を持って山梨の河川をあちこち歩いた経験があります。

探し方がまずかったのか私は砂金は採れませんでしたが、番組の中では、3人の女性が合計で15個くらいの砂金の粒をゲット。大騒ぎしていました。大丈夫、まだまだ砂金は採れる!

必要なのはパンニング皿とあなたの体力だけ。日本全国にある、まだまだ砂金が採れる穴場スポットを紹介します!

北海道は砂金採りのメジャースポット

砂金といえば新潟の「佐渡金山」が有名ですが、実は北海道の方がメジャースポットが多く、明治31年に北海道枝幸郡浜頓別町で起こったゴールドラッシュでは、なんと800g近い金塊が発見されています。

河川で砂金をゲットするのも楽しいですが、北海道の浜頓別町には、日本隋一と呼ばれる本格的な砂金採りの体験場「ウソタンナイ砂金採掘公園」があります。

他にもペーチャン川砂金堀体験場など道内各地には自然採掘場所がたくさん。プロのトレジャーハンターから家族連れまで、楽しみながら砂金をゲットできるのが北海道の一番の魅力です。

興味がある方は、浜頓別町、中頓別町、夕張市、新十津町、南富良野などの河川に自然採掘場所がありますので、詳しく調べてみてはいかがでしょうか。

また、夏の北海道は砂金イベントも盛ん。

・ウソタン砂金フェスティバル
▶︎http://www.town.hamatonbetsu.hokkaido.jp/docs/2017081000018/

・砂金まつり中頓別町
▶︎http://www.town.nakatombetsu.hokkaido.jp/bunya/4700

・歴舟川砂金掘探訪会
▶︎http://www.town.taiki.hokkaido.jp/soshiki/kikaku/shoko/tan_bou_kai.html

初めて砂金を採る!という方は、まずはこういったイベントに参加して、砂金採りデビューしてみるのもいいかもしれませんね。

ちなみに、北海道は河川だけではありません。千歳市にある千歳鉱山では1936~1986年の間に金21トン・銀86トンを産出したとの記録が残されています。

鹿児島県串木野鉱山

鹿児島市内河川

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

出典元:https://kusanebiki.exblog.jp/i2/

54箇所もの金銀鉱床があるという鹿児島県。三井金属鉱業が2002年まで採鉱していたという串木野鉱山は、現在は「ゴールドパーク串木野」というテーマパークになっています。

砂金採りを趣味にしている方によると、「鹿児島の川内川では昔から砂金が採れる」とのこと。

国土交通省の九州地方整備局のウェブマガジンにも

さつま町宮之城で川内川本川に合流する支流穴川(あながわ)があります。江戸時代1640年3月、この穴川で砂金が発見されました。

とのコメントあり。

金鉱脈の位置は現在の霧島市横川町山ヶ野にあり、昭和28年まで300年間金を採鉱していたそうです。例えば1804年の金生産量は5625kg。

同じ年の佐渡金山の金生産量は1875kgとの記録が残っていますから、どれだけすごい量の金が採鉱できたかわかりますよね。

鹿児島県も砂金の穴場スポットといえそうです。

宮城県気仙沼市大谷鉱山

砂金2
明治から昭和にかけて、日本屈指の金山として栄えた宮城県大谷鉱山。平泉の藤原氏の財政を黄金で支えたと歴史の資料には書かれています。

こちらで採れた金の採鉱量は年間1トン
「1トン」ですよ!!
どれだけ金が採れるんだ日本。
本当に黄金の国だったのですね~。

気仙沼市北部の鹿折金山では、自然金としては世界最大級の大きさの金が採掘されたことでも有名です。

そのモンスターゴールドは金含有率が83%という鉱石。2.25kg中に1.875kgの金が含まれていたとか。明治37年に発見されて評判となり、アメリカのセントルイス万国博覧会に出品されました。

鹿折鉱山は1971年に閉山しましたが、2012年に東日本大震災復興活動の一環として鹿折金山資料館がオープン。宮城県全体も金の宝庫。陸前高田市の玉山金山や気仙川沿いにある住田町では現在でも砂金が産出されるとか。

宮城県もトレジャーハンターにはたまらない地域と言えそうですね!

最後に

姶良市内の河川

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

出典元:https://kusanebiki.exblog.jp/i2/

いかがですか。間違いなく砂金をゲットできそうな3つのスポットを紹介しました。金鉱山は閉山したとはいえ、まだまだ金が採れる可能性は高いのです。

観光がてら日本全国の砂金が採れる場所に行ってみるのも楽しそう。もしかしたら、一攫千金も夢ではありませんよ!?

そして、関東近郊にも砂金の採れるスポットはあります!↓↓詳細はコチラ!↓↓
https://recarat.me/online/2018/09/10/kanntou-sakinn/

リカラット編集部 監修

Twitterフォローお願いします!