10月の誕生石「オパール」の魅力に迫る!

毎日200個以上の宝石に触れる仕事をしています。宝石のことをあまり知らない方にも、分かりやすい記事作りを心掛けています。オードリーヘップバーンの映画を観てからクンツァイトに魅了されています。

10月の誕生石「オパール」の魅力に迫る!

10月の誕生石 オパールとは


日本では、トルマリンと並んで10月の誕生石となっているオパール。
貴石を意味するラテン語の「オパルス」が名前の由来だといわれています。
オパールには様々な種類が存在します。
オパールの特徴ともいえる、石の中でブルーやグリーンがモザイクのように揺らめくような光を放つ”遊色効果”のある「プレシャスオパール」
遊色効果を発しない赤から黄色のオパールのことを「ファイヤーオパール」。
同じく遊色効果を発しない乳白色を中心とした「コモンオパール」など。
その中で、宝石として最も価値のあるものはプレシャスオパールで、私たちがジュエリーなどで目にすることが多いのも、プレシャスオパールです。
虹色の光が煌めく魅惑的な宝石として人気の高いオパールですが、同じ宝石とは思えないほど見た目に違いがあります。
これもオパールの魅力の一つだといえます。

オパールの種類


オパールはとても同じ宝石とは思えないほど、様々な見た目と種類が存在します。産地の違いと特徴を交えながらご紹介していきます。

オーストラリア産オパール

ライトオパール

white opal
地色が透明感のある白色から乳白色で、遊色効果が発せられるオパールのことをライトオパールと言います。

別名ホワイトオパールとも呼ばれ、流通量も多く、最も目にすることが多いオパールだといえます。

安定した流通量から比較的安価で楽しめるオパールで、多彩な遊色効果を楽しむことが出来るので好みのものを見つけやすい利点があります。

ブラックオパール

地色が黒いのが特徴でオパールの中でも最も高価で、最も遊色効果が美しく見えるのがブラックオパールです。

産地はオーストラリアで、長い間存在を知られていなかったオパールです。

ブラックオパールには特に明確な価値判断基準というものが存在します。

地色が黒ければ黒いほど、明るさが明るいほど、遊色の色が多く確認できるものほど価値が高く高額で取引されます。

オパールの特徴ともいえる遊色効果は、細かいものよりも大きなものほど高く評価されます。

ボルダーオパール

オーストラリアが産地のボルダーオパールは英語で「大きな丸い石」を意味します。

鉄鉱石の母岩の中に帯のようにオパールの層が付着しているので、母岩とともに研磨されます。

平らな形が特徴的で、一見するとダブレットオパールやトリプレットオパールと見分けがつきません。

購入するときは横から見て岩がついているか確かめてください。

メキシコ産オパール

ウォーターオパール

地色がブルー系統のオパールをウォーターオパールと言います。

別名をクリスタルオパール、またはジェリーオパールとも言います。

遊色効果の色の輝きがまるで水の中に閉じ込められたかのような魅力で、特に日本人に人気の高いオパールです。

最近ではエチオピア産のオパールにもウォーターオパールのように遊色効果の美しいオパールが登場していますが、水分量の多いエチオピア産のオパールは、乾燥から脱水し、ひび割れを起こすものがあります。

ウォーターオパールを購入する際には、必ず産地を確認することをお勧めします。

ファイヤーオパール

オパール

遊色効果を放つ地色がオレンジ系のオパールをファイヤーオパールと言います。

遊色がまるで炎のように揺らめいて見えることからこの名がつけられました。

ウォーターオパールとの違いは、地色だけです。

透明感のあるオレンジ系のオパールで遊色効果を放つファイヤーオパールは希少で価値が高いとされています。

実は遊色効果のあるなしにかかわらず、赤やオレンジ系統のオパールのことを総称してファイヤーオパールと言いますが、遊色効果のあるのとないのとでは価格には雲泥の差があります。

名前が同じなのでややこしいのですが、宝石としての高い価値があるのは、あくまでもメキシコ産で遊色効果のあるファイヤーオパールです。

遊色効果のないファイヤーオパールは宝石としての価値はほとんどありません。

カンテラオパール

カンテラオパール

オーストラリア産の鉄鉱石の母岩ごと研磨されたオパールをボルダーオパールと呼ぶのに対し、メキシコ産の流紋岩質ごと採掘されて研磨されたオパールをカンテラオパールと呼びます。

しかし、産地に関係なく母岩ごと研磨されたオパールを「カンテラ」と呼ぶこともあります。

母岩ごとカボションカットに研磨されたカンテラは、個性的で自然のものとは思えない何とも不思議な魅力を放ちます。

遊色効果の種類

オパールの価値を左右する特徴とも言える、遊色効果には様々なパターンが存在します。

そのパターンによって大きく価値が変わります。そんな遊色効果のパターンを順に見てみましょう。

ハーレクイン

最も価値があるとされるハーレクイン。

まだらという意味でまるでピエロが着ている洋服の柄のような模様です。

四角く規則的に色が表れているのが特徴で、非常に希少価値が高く、殆ど目にすることが出来ないといわれています。

チャイニーズライティング

名前の通り、まるで漢字のような光を見せてくれるチャイニーズライティング。

直線が様々な方向に交差し、光を放つ様はエキゾチックな魅力すら感じさせます。

こちらも珍しいパターンでコレクターに愛されています。

フラッシュ

閃光のような鮮やかな色を放つフラッシュ。

ある一定の位置で強く目を引く色の光を放つのが特徴です。

動きによって表情が変わる個性的な遊色効果です。

おわりに


10月の誕生石オパールは、日本人に大変愛されている宝石です。

人気が高いことから日本では非常にバリエーションに富んだ良質なオパールを目にすることが出来ます。

オパールの魅力は遊色効果と一言で言っても、同じ宝石とは思えない幻想的な光はオパールでしか見られません。

まるで魔法のような効果は種類も多く奥が深いのです。

オパールは陳列されたものを静止してみるだけではその魅力は伝えきれません。

遊色効果の美しさや光の揺らめきを楽しんでもらいたい宝石です。

店頭で手にする際には上下左右に動かし変化を楽しんで、お好みのオパールを探してみてください。

リカラット編集部 監修

Twitterフォローお願いします!




ABOUTこの記事をかいた人

毎日200個以上の宝石に触れる仕事をしています。宝石のことをあまり知らない方にも、分かりやすい記事作りを心掛けています。オードリーヘップバーンの映画を観てからクンツァイトに魅了されています。