2月の誕生石「アメジスト」の魅力

アメジストネックレス

ジュエリー専門学校で、ジュエリーデザインとメイキングを学び、主にダイヤモンドジュエリーを扱うメーカーに就職。デザインと営業事務に携わりました。好きな石はダイヤモンド。趣味でアクセサリーを作っています。

2月の誕生石「アメジスト」の魅力

別名「紫水晶」とも呼ばれるアメジストは、その名の通り紫色の水晶で、2月の誕生石です。

紫の濃淡によってもさまざまな表情を見せてくれるアメジストは、ファンも多いはず!

アメジストってどんな石?その魅力から伝説までお伝えします。

2月の誕生石アメジストってどんな石?

アメジスト

2月の誕生石アメジストは、ガラスのような光沢を持ち、色は淡いライラック色から濃紫色まで、幅広い色合いがあります。

紫外線に直接当たるところに置いておくと、色が褪せてくるという特徴がありますので保管には注意が必要です。

アメジストを加熱すると色が変化し、「シトリン」になります。

照らす光によって見た目が大きく変化する「カラーチェンジアメジスト」というものもあります。

産出地は、ブラジル、マダガスカル、スリランカ、中央アフリカ
日本では、鳥取県、宮城県で産出されます。

アメジストと歴史

古代から多くの人々に愛されてきたアメジスト

旧約聖書の「出エジプト記」で高僧の胸当てに飾られている宝石のひとつにアメジストがあることからも、歴史の古い宝石であることがうかがえます。

世界各国高貴な色とされてきたは、特に日本では最高位の色とされ、宗教的儀式でとても大切にされてきました。
例えば、聖徳太子が定めた「冠位十二階」で最上位である紫の冠蘇我入鹿が授けられた紫冠高徳の僧侶紫衣などがあります。

また中国では、紫は皇帝だけが身に着けることを許された色でした。

紫色のもつ高貴なイメージも、アメジストの魅力のひとつになっているかもしれませんね。

アメジストとギリシア神話

バッカス

ギリシア神話では「美少女の化身」とされているアメジスト。

酒に酔ったお酒の神様「バッカス」が、次に出会った人に猛獣をけしかけようとしていたところに通りがかったのが、月の女神の女官「アメジスト」でした。

今にもアメジストが襲われる!というその時に、月の女神が一瞬でアメジストを純白の水晶に変身させ、難を逃れました。
その後、酔いから覚めたバッカスは反省し、水晶葡萄酒を注ぎました。
すると、水晶はたちまち美しい紫色に変わり、美しい宝石アメジストが誕生した、と言われています。

アメジストの語源となった「amethystos」には、「酒に酔わない」という意味があります。

古代ローマより、アメジストで作られた杯でお酒を楽しむと、人生の悪酔いから身を守ってくれるという言い伝えもあり、現在でも「アメジストを持っていると悪酔いしない」と言われています。

石言葉、ヒーリング効果は?

アメジストペンダント

アメジストの石言葉は、高貴、心の平和、愛情、誠実です。

宝石にはヒーリング効果があると言われていますが、科学的に証明されているとは言えず、感じ方も人それぞれですので、参考程度にお読みくださいね。

アメジストは「愛の守護石」と呼ばれ、ヨーロッパでは「ステキな恋人を招いてくれる石」とも言われています。

その一方「高まりすぎた感情を穏やかにしてくれる石」であるとも言われ、ストレスで疲れた心をを癒し、穏やかな安らぎを与えてくれる、と言われています。

アメジストの選び方

アメジストルース

アメジストを選ぶポイントです。

・色合いの美しさ

・透明度の高さ

・傷の有無

・濁りや白濁がないか

・へこみや傷が表に出ていないか

アメジストの色合いは、淡い色、中間色、濃い色と、濃淡は石によってひとつひとつ違います。

女性に人気がある石ですが、色の濃いアメジストは、男性にも似合います。

まとめ

アメジストジュエリー

アメジストの魅力をお伝えしてきました。

神秘的な伝説や、高貴なイメージにつながる歴史があるとわかり、あらたなアメジストの魅力に気づくことができました。

アメジストの落ち着いた輝きは、年代も性別も越えてなじむので、プレゼントにも向いています。

2月生まれの方も、そうでない方も、美しいアメジストに注目してみてくださいね。

リカラット編集部 監修

Twitterフォローお願いします!




ABOUTこの記事をかいた人

ジュエリー専門学校で、ジュエリーデザインとメイキングを学び、主にダイヤモンドジュエリーを扱うメーカーに就職。デザインと営業事務に携わりました。好きな石はダイヤモンド。趣味でアクセサリーを作っています。