宇宙にも宝石はある?隕石と関係がある3つの宝石たち

隕石

私が初めて隕石を見たのは、新宿で毎年開催されている東京国際ミネラルフェア
※詳細はコチラ

会場の真ん中からやや奥よりの角あたり。いつも真っ黒な石ばかり出している変な業者さんがいるなあ、と思っていたら、なんとそれが「隕石」だったのです。

「まあ、触ってみなよ。」

とヒゲのおじさんから持たされた石は小さいのにズシリと重く、なんだか異物感満載。なんというか、オニキスとステンレスと石膏を混ぜたような感触です。鈍い光は鉄みたい。

「それはゴビ砂漠に落ちてたんだよ!」

へえぇ。実は世の中には隕石ハンターという職業もあるとか。それも世界中で1万人いるという噂も。。。うーん、世界は広いですね!

そして実は、隕石と関係がある宝石もあるのです。

ではそれは、いったいどんな宝石なのでしょうか?

宇宙からやってきた宝石①「ペリドット」

ペリドット
宇宙にはたくさんの星があります。隕石はその惑星のかけら。ボタンのようなちっちゃいものから岩のような塊まで色々あります。

地球に落ちてくる隕石は、火星と木星の間の、「小惑星帯」という惑星のかけらがたくさん浮かぶ場所からやってくるものがほとんど。

そこから地球の公転軌道上に入ったものが「流れ星」として夜空で観察されます。多くの流れ星は大気圏の摩擦で燃え尽きるそうですが、一部が地球に落下します。

その落下物はメテオライト(流れ星の石という意味)と総称され、岩石質の「石質隕石」と金属質の「鉄質隕石」、そしてその中間の「石鉄隕石」の3つがあります。
これが謂わゆる隕石ですね。

この3つのうち、「石鉄隕石」にペリドットが含まれていることがわかったのです。

隕石としての「ペリドット」

1772年、ドイツの博物学者パラスは、ロシアのクラスノヤルスクで発見された800kgもの巨大な鉄の塊を持ち帰りました。

この鉄にはスポンジのような穴が開いていて、そこには黄緑色の鉱物が。。
調べたところ、それはなんとペリドット
そしてこれが宇宙からやってきたペリドットの発見となりました。

ペリドットの鉱物名はオリビン(かんらん石)。

オリビンは地球のマントルの上部を構成する主な鉱物で、地球の内部に大量に存在しています。
謂わば、ペリドットは地球を作る材料の1つ
ということは、宇宙的に言うと「星を作る宝石」ですね。

なんてロマンチック!

宇宙からやってきた宝石②「テクタイト」

テクタイト
地球の歴史上、小天体が何度か地球に落下したことがわかっています。
実は現在、1年に2万個以上の隕石が落下しているという説もアリ。

隕石は国土の広いロシア、アメリカ、中国、そして日本など、世界中で見つかっていますが、産地によって特徴があります。

テクタイトの原石は真っ黒な猫のウンチにそっくり。ブツブツ、ザラザラが表面にある不思議な鉱物です。それを宝石にカットすると、まるでカラスの目のような艶のある黒い石に生まれ変わります。

なぜテクタイトがこんなに輝くのか?それはテクタイトが天然のガラス質でできた鉱物だからです。成分は地球の鉱物と同じケイ酸が主成分の天然ガラス質物質。

地球に衝突するときの圧力や熱によって溶かされ、空気中で飛び散りながら急速に固まってできます。

テクタイトは黒曜石に似ていて、発見される大きさは1センチから5センチくらいの小ぶりのものが多いのが特徴です。

本物かどうかわかりませんが、ネットでは数百円で販売されることも。テクタイトは東南アジア、北アメリカやオーストラリアなど、限られた場所でしか発見されない隕石ですが、日本のネットで格安に販売されるなんて、よほど大量に採れるのでしょうか。。。

宇宙からやってきた宝石③「モルダバイト」

モルバダイト
ドイツのモルダウ川周辺(チェコのボヘミア地方という説もあり)で見つかったテクタイトは、黒ではなく深い緑色をしていました。

調べた結果、この石は1500万年前後に小天体が衝突したときにできた物と思われ、他のテクタイトとは異なる特徴があるので「モルダバイト」と名付けられました。

ネットでも黒いテクタイトに比べると緑色のモルダバイトは10倍近い値段で販売されています。ペリドットよりも深く暗い緑色で、原石もまるで花びらのようにひらひらと波打っている珍しい形のものもあります。

モルダバイトは地球に衝突する時に、2400度を超える高温で蒸発し、気化してから落下したためにこのような特徴的な形になったと考えられています。

モルダバイトはブレスレットやダイヤモンドカットにカットされたものを宝石市場で見かけますが、その不思議な原石の形を生かして、何も加工していないものもマニアに人気があるようです。

最後に


いかがですか。まさかあのペリドットが宇宙からやってきた宝石だったなんて!(もちろん地球でも採れますが)8月生まれの皆さん、ちょっと嬉しくないですか?

そんな貴重な宝石なのに、ペリドットは値段もまあまあ。お手頃価格です。ここはひとつ、「これは星のかけらの宝石なんだよ」と恋人にプレゼントしてみてはいかがでしょうか♡

リカラット編集部 監修