トパーズとはどんな宝石?日本で採掘できるって本当?

トパーズ

マクロクリンイクミ。ロンドン特派員。Gem-Aで学んだ後、2001年にFGAとDGAを取得。宝石の歴史や伝説などについてのお話と、19世紀末のアール・ヌーヴォーのデザインがお気に入り。好きな宝石は、深いコバルトブルーをしたアウイナイトです。

トパーズとはどんな宝石?日本で採掘できるって本当?

トパーズの和名は黄玉。サンスクリット語で火という意味のtopazや、ギリシャ語で探し求めるという意味のtopazosが名前の由来だと言われる、大変古くから愛されている宝石です。

トパーズとはどんな宝石でどんな色や種類があるのでしょうか?
また日本でトパーズが採掘できるって本当?

エジプト紅海にあった「トパジオス島」の伝説でも有名な宝石トパーズについて、知っておきたい知識をお伝えしていきます。

トパーズとは

トパーズジュエリー
トパーズはカラーバリエーションが豊富な宝石です。
青や緑色が一般的ですが、中には黄金色やピンク色を呈するものもあり、これらには大変高い価値が付けられています。

トパーズの性質

結晶系 斜方晶系
化学組成 アルミニウム・フッ素・水酸珪酸塩
硬度 8
比重 3.54
屈折率 1.62-1.63
複屈折率 0.010
光沢 ガラス状

トパーズの結晶の特徴

トパーズの結晶を見ると、断面がひし形になった柱状をしています。さらに成長とともに伸びた方向をよく見てみましょう。先端に向かって平行な条線が見られるのが特徴です。

この条線は光を当てると良く見えます。さらに硬度が8でガラス光沢なので、同じような外見を持つ水晶(ロッククリスタル)よりも強い輝きを呈します。

トパーズの産地

トパーズはブラジル、アメリカ合衆国、メキシコ、ロシア、スリランカ、オーストラリア、パキスタン、タスマニア、日本などで産出されています。

日本では岐阜県恵那郡苗木地方などや、滋賀県大津市田上山山梨県甲府市黒平などで産出されています。

トパーズの種類と色の違い

トパーズジュエリー

インペリアルトパーズ

トパーズは色の種類が豊富ですが、最高品質は深い黄金色をした「インペリアルトパーズ」です。

インペリアルトパーズと呼ばれるのは水酸基を含む「OHタイプ」のみです。
OHタイプは高い屈折率を持つことから、強く美しい反射光を見せます。

黄金からオレンジ~褐色系の発色をするものは、シェリー酒に似た色合いであることから「シェリートパーズ」とも呼ばれています。

※インペリアルトパーズの詳細はこちらの記事からどうぞ
▶︎皇帝のトパーズ「インペリアルトパーズ」

ピンクトパーズ

「ピンクトパーズ」の天然はアフガニスタンでOHタイプのものが産出されますが、非常に稀です。
大抵が黄色のトパーズを熱処理してピンク色にしたものです。

※ピンクトパーズの詳細はこちらの記事を!
▶︎古代から愛された ピンクトパーズの美しさ

ブルートパーズ

「ブルートパーズ」の天然産は薄い水色をしています。

ロシア産の濃い青色のものは「ロシアンブルー」と呼ばれています。

しかし天然産は非常に稀であることから、ほとんどのものが無色のトパーズを人工的に処理して青色にしたものです。

人工的に放射線処理された「ブルートパーズ」には青色の色合いが薄いものから濃いものまでさまざまで、淡い色の「スカイブルートパーズ」、紺色に近い「スイスブルートパーズ」、灰色味のある濃い青色の「ロンドンブルートパーズ」に分類されます。

ちなみにロンドンブルートパーズは美しく濃い青色であることから、大変人気のあるカラーです。

※ロンドンブルートパーズの参考記事はこちら
▶︎オークションで購入したロンドンブルートパーズは本物ですか?

グリーントパーズ

天然産の緑色も稀なことから、熱処理されたものがほとんどです。

カラーレス

無色のトパーズで、見た目が水晶に似ています

このことから、昔の日本では水晶と混同されていたそうです。

かつて、トパーズという石が存在することを知らないにもかかわらず、水晶よりも強い輝きと硬さを持つ宝石を最初に見つけたのが、高木勘兵衛という人物でした。

高木勘兵衛は明治3年に岐阜県の苗木山で水晶に似た鉱物を発見します。

その後もこのような石を大量に採掘し、売りに出すとかなりの高値で売却できたそうです。

ある日博物館に持っていくとその石が「トパーズ(黄玉)」であると判明!
希少価値の高い宝石だということが分かり、トパーズを採掘することによって大きな富を得たということです。

まとめ

イエロートパーズ
古代ギリシャやローマ時代から、お守りとして大切に扱われてきた高貴な宝石トパーズ。

世界中で愛され続けてきたトパーズは日本でも産出されており、現在も採掘可能です。

一般の人でも採掘できますが、場所によっては許可を得る必要があります。
機会があれば一度は自分でトパーズを採掘してみたいですよね。
※宝石ハンターに興味がある方はこちらの記事も!
▶︎宝石を自分で採りに行こう!日本国内で宝石・鉱物採集ができる場所を教えます♪

リカラット編集部 監修

Twitterフォローお願いします!