ルビーの魅力。産地や特徴について

ルビー指輪

ジュエリー専門学校で、ジュエリーデザインとメイキングを学び、主にダイヤモンドジュエリーを扱うメーカーに就職。デザインと営業事務に携わりました。好きな石はダイヤモンド。趣味でアクセサリーを作っています。

ルビーの魅力。産地や特徴について

宝石の女王」の異名を持つルビー

情熱の赤いルビーは女性の憧れですね。

鮮やかで華やかなルビーは、ダイヤモンド、サファイア、エメラルドと並んで四大宝石と呼ばれる人気のある石です。

赤い宝石の代名詞、ルビーの魅力について、掘り下げて調べてみました!

ルビーの産地と歴史

ルビー原石
ルビーの主な産地はアジアです。

美しく高い品質のルビーとなると、産地も極めて狭い地域に限られてきます。

主な原産地は、ミャンマー、スリランカ、タイ、ベトナム、カンボジア、マダガスカル、タンザニア、モザンビークなどです。

ルビーの歴史は古く、古代の青銅器時代(石器時代の次の区分)にさかのぼり、古代ギリシャ、ローマ、インドにルビーが存在したという記録があります。

中世には、各地でルビーには病気を治す力があると信じられていて、ルビーの粉にしていました。

多くの伝説を持つルビー。

中世のビルマでは戦士たちが敵に打ち勝つためにルビーを持ちヨーロッパの王室や上流階級では、最も貴重な石として求められました。

最高級のルビー、ピジョンブラッド

ピジョンブラッドルビー ルース

画像:リカラットSHOPより

ミャンマーでは「ピジョンブラッド」(鳩の血)と呼ばれる最高級のルビーが産出されます。

その色は、目の覚めるような鮮やかで妖艶な赤色で、鮮やかさの中にわずかにかげりがあり、理想的なルビーの色だと言われています。

ミャンマーの中でも、モゴック鉱山で採れるルビーは最高品質。

しかし、産出量はとても少なく貴重で、驚くほど高値で取引されています。

ほかには、重厚感と高級感をあわせ持つタイ産の「ビーフブラッド」、スリランカやベトナムで産出される明るく透明度が高い「チェリーピンク」などが代表的なルビーです。

コランダムについて

ルビーサファイア
コランダムと呼ばれる鉱物のグループがあり、それは酸化アルミニウムの結晶からなる鉱物を指します。

コランダムの赤色のものがルビーそれ以外の色のものがサファイアです。

ルビーとサファイアの違いは、コランダムに含まれる不純物の違いです。

クロムが1%ほど混ざるとルビー鉄やチタンが混ざると青色になりサファイアとなります。

ルビーの色の濃さは、クロムの割合によるものです。

クロムの割合が多いと赤黒く、少ないとピンク色になります。

ルビーの特徴

ルビールース2
前述したように、コランダムの中で赤い石をルビーと呼びますが、色は透明のものから不透明のものまであります。

クロム含有率が1%以内という絶妙なバランスが、自然界の非常に稀な状況下でしか起こらない現象なので、当然ルビーは希少価値の高い宝石だと言えるのです。

ルビーは、ダイヤモンドに次ぐ高い硬度を持ちます。

3カラットを超える大きな石の産出が極めて少ないことから、かつては全宝石の中で一番貴重な石とされていました。

太陽光による退色の恐れがあるので、長時間直射日光に当てない方がいいでしょう。

石言葉と言い伝え

ルビー宝石

7月の誕生石であるルビーの石言葉は、「情熱」「仁愛」「勇気」「純愛」「人徳」「富」「成功」

語源はラテン語で「赤」を意味するルベウス(rubeus)です。

和名では「紅玉(こうぎょく)」と呼ばれています。

古くから「勝利を呼ぶ石」「カリスマ性を高める石」として権力者が持つ石で、危険や災難から持ち主を守り、勝利へと導いてきたそうです。

非常にエネルギーが高く、生命力を高め、恋愛運や仕事運を向上させる石としても重宝がられました。

ルビーは美しいだけでなく、みなぎる力強さも感じられますね。

まとめ

ルビージュエリー
ルビーの魅力についてお伝えしました。

人々のルビーに対する憧れは、今も昔も変わりません。

愛と情熱、富と成功、いろいろな意味を持ち合わせているのでプレゼントにも理想的です。

情熱の赤いルビー。プレゼントされたらうれしいですね。もちろんご自分用に選ばれてもいいでしょう。

リカラットショップでもルビーのジュエリーやルースを取り揃えていますので、ぜひご覧になってくださいね。
https://stores.jp/

リカラット編集部 監修

Twitterフォローお願いします!




ABOUTこの記事をかいた人

ジュエリー専門学校で、ジュエリーデザインとメイキングを学び、主にダイヤモンドジュエリーを扱うメーカーに就職。デザインと営業事務に携わりました。好きな石はダイヤモンド。趣味でアクセサリーを作っています。