青いガーネットは幻?カラーチェンジするベキリーブルーガーネットの魅力とは

ベキリーブルーガーネット2

青いガーネットは幻?カラーチェンジするベキリーブルーガーネットの魅力とは

「青いガーネット」と聞いて、「シャーロックホームズ!」と思い浮かぶ人は探偵の素質があるかも知れません。

イギリスの小説家、アーサーコナンドイルが生み出した主人公、シャーロックホームズ。彼が活躍する小説に、「青いガーネット」という短編小説がありましたよね。

しかし宝石屋として言わせてもらいますが、天然ガーネットに「ブルー」の色はありません。

と、思っていましたが、例外がありました。

それが、ブルーに変色する「ベキリーブルーガーネット」です!

しかしこのベキリーブルーガーネット、発見されたのは1990年代後半です。

「青いガーネット」という短編小説が執筆されたのは1892年ですから、約100年前に、アーサーコナンドイルは青いガーネットの存在を予感していたのでしょうか?謎です。。。

ガーネットは知れば知るほど興味深い宝石です。今回は、ガーネットの中でも特に面白い、ベキリーブルーガーネットをご紹介しましょう。

そもそもガーネットにたくさんの色があるのはなぜ?

ガーネットの種類
ガーネットといえば「赤」と思うのは間違い。実はブルー以外の色はほとんどあると言われるのがガーネットの特徴です。

ガーネットはその色ごとに、アルマンディン、ロードライト、パイロープ、スペサルティン、グロッシュラー、ヘソナイト、ハイドロ・グロッシュラー、アンドラダイト、デマントイドなどという名前が付けられています。

そもそもガーネットにたくさんの色があるのはなぜか?

ガーネットは元々酸素、珪素、アルミニウム、鉄、カルシウムなどからできているケイ酸塩鉱物の一種。

主成分の他に、微量の元素が混じることによって色が変化します。

ちなみに青い色を生む元素は、「銅」「チタン」「コバルト」など。

人工で作られた青いガーネットは、無色の結晶になる希土類ガーネット「ガドリニウム・ガリウム・ガーネット」に、コバルトを加えて作られています。

ベキリーブルーガーネットの特徴

1990年代後半にマダガスカル南部のベキリー鉱山で発見されたベキリーブルーガーネット。

まるでアレキサンドライトのように青い色と赤い色に変色するために、「アレキサンドライト・ガーネット」や、「カラーチェンジ・ガーネット」と呼ばれていました。

太陽光や蛍光灯の下ではブルーグリーンに、白熱灯の下では赤や紫色に変化する理由は、微量に含まれているクロムとバナジウムが、波長の短いブルーの光と、波長の長い赤い光を反射させるから。

もともとガーネットはすっぴんの宝石、と言われるぐらい加工しなくても美しい宝石として有名です。
つまり発見当時から宝石としての形状、輝きを持っている鉱物。

実際、ベキリー鉱山で採れるベキリーブルーガーネットは脆い岩盤の亀裂の間に、キラキラと輝くブルーの結晶が形成されているのが見つかっています。

大きさは1ct以下の小さいサイズがメインで、大粒のベキリーブルーガーネットは非常にレア。

そのため、マニアの間では、ダイヤモンドより価値があるといわれています。

その他、珍しいガーネット

2005年、奈良県の山中から虹色に輝く「レインボーガーネット」が発見されています。

このレインボーガーネットは、奈良県以外ではメキシコ産のものぐらいしか知られていませんから、ベキリーブルーガーネット同様、大変貴重です。

ガーネットは主成分、色などによって20種類程度の種類がありますが、その中に、日本の学者の名前が付けられたガーネットがあります。

それは「森本柘榴石」「加藤柘榴石」
柘榴石、とは、ガーネットの和名です。

1995年、岡山県で発見された新鉱物が、エックス線結晶学を研究していた地球科学者の森本信男氏にちなんで「森本柘榴石」と命名されました。

そして1985年にイタリアで発見された新鉱物が、同じく地球科学者の加藤昭氏にちなんで「加藤柘榴石」と命名されています。

最後に

2018年10月、待望の宝石コミック「七ツ屋志のぶの宝石匣」の8巻が発売されました。その中に、ちょうどガーネットの話も出てきます。

さて、そのガーネットの色は何色でしょうか?それはこの漫画を実際に読んで確認してくださいね☆

リカラット編集部 監修

Twitterフォローお願いします!