どんな時にカラーチェンジするの?宝石アンデシンの魅力とは?

画像:リカラットSHOPより

どんな時にカラーチェンジするの?宝石アンデシンの魅力とは?

アンデシンという比較的新しい宝石をご存知でしょうか。和名を中性長石と呼ぶ、フェルドスパーの一種です。

宝石としてあまり知られていないアンデシンですが、稀にアレキサンドライトのようなカラーチェンジを見せるものがあります

こちらでは、産出量が限られているうえに謎も多い、コレクターに人気上昇中の宝石アンデシンについてのお話をご紹介していきます。

アンデシンの特徴

画像:リカラットSHOPより

アンデシンはプラシオクレース・フェルドスパーの固溶体の一種である、ケイ酸塩鉱物です。

無色から赤までさまざまな色のバリエーションがあり、稀に変色効果を見せます。

アンデシンの性質

結晶系 三斜晶系
化学組成 (Na,Ca)AL(Ai,Si)Si208
硬度 6-6.5
比重 2.66-2.68
屈折率 1.552-1.562
複屈折率 0.009
光沢 準ガラス状~真珠状

アンデシンの発見と名前の由来

世界で最初にアンデシンのことが記述されたのは1841年のことでした。コロンビア西部のチョコ県にあるマルマト鉱山で発見されたということです。

このあたりのアンデス山脈では火山岩の一種である安山岩(英語名:andesite)の溶岩があちこちに散らばっていたそうです。

このことから、この場所で産出した鉱物を「アンデシン(andesine)」と呼ぶようになったといいます。

アンデシンの伝説

宝石としてのアンデシンが有名になったのは、2002年のことでした。

この年に開催された米国ツーソンの宝飾展示会において、アンデシンの存在が宝石業界に一気に広まったといいます。

しかしこの時は、採掘者がアンデシンを発見した場所や詳細について語ることはなく、極秘にされたままでした。

そのため、コロンビアに次ぐ新しい産地はインドやコンゴだ、といった、正確かどうか分からない情報を伝えていた業者もいたようです。

さらに高品質のアンデシンの需要が高まったことから、似たような石を最高品質のアンデシンだと偽る業者さえも現れました。

産地などの詳細が知られていないことから、こういった業者の言うことを信じてしまった人たちも多かったようです。

アンデシンの生成と産地

アンデシンは閃緑岩や閃長岩、安山岩などの火成岩中に生成します。

さらに白粒岩や角閃岩の変成岩中で成長するのが特徴的です。また、堆積岩中にある有機物粒子から生成することもあります。

また、アンデシンの原石は、水晶やフェルドスパー、バイオタイト、マグネタイト、普通角閃石などとともに生成するのが一般的です。

2002年に、コロンビアに次ぐ産出地として、コンゴ共和国で発見された後、現在は中国、モンゴル、チベット、インド南部などでも産出されていることが報告されています。

コンゴ共和国では、高品質の赤いものが産出されるという話がありますが、定かではないようです。

アンデシンの色

アンデシン
アンデシンの色のバリエーションは、白、灰、赤、ハニーレッド~オレンジ、黄色、シャンパンカラー、緑色などです。

変色効果(カラーチェンジ)について

アレキサンドライトなどのように、変色効果をもつアンデシンもあると前述しましたが、アンデシンの変色効果はアレキサンドライトなどのそれとちょっとだけ異なります。

それは、光源の違いだけでなく、バックの色によってもカラーチェンジするものもあるということ。更に、ペンライトなどで光を当てると、また別の色に変化するのです。

ではちょっと実験してみましょう。

白バックでは、美しい緑色をしたアンデシン
アンデシン

黒地のものの上に置くと

少し赤みを帯びたように見えます。

さらに光を当てると・・・

こんな風に変色しました!
緑色から赤色へと、全く違う石のような変色を見せるのですね!

アンデシンの石言葉

アンデシンの石言葉は「変化」「調和」「予知能力を高める」などです。

まとめ

結局最初に市場に出たアンデシンの産地や、色が天然であるかは謎のままだそうです。

しかし最近、中国でラブラドライトに銅拡散処理を施したものが多く出回っているという話を聞きます。天然のアンデシンにこだわりたい方はご注意ください。

リカラットSHOPでも、アンデシンが入荷することがあります。
人気のレアストーンは即売り切れてしまうこともありますので、ご興味のある方は最新情報をまめにチェックしてみて下さいね。

リカラット編集部 監修

Twitterフォローお願いします!


ABOUTこの記事をかいた人

マクロクリンイクミ。Gem-Aで学んだ後、2001年にFGAとDGAを取得。宝石の歴史や伝説などについてのお話と、19世紀末のアール・ヌーヴォーのデザインがお気に入り。好きな宝石は、深いコバルトブルーをしたアウイナイトです。ロンドン在住。