オレンジ色が眩しい!ヘソナイトガーネットの秘密

オレンジ色が眩しい!ヘソナイトガーネットの秘密

種類の多いガーネットの中でも、オレンジやレッドのガーネットに「ヘソナイトガーネット」と呼ばれるものがあります。

「グロッシュラー・ガーネット」の一種とされるヘソナイトガーネットは、古代ギリシャやローマ時代から何千年もの長きに渡って愛されてきました。

今回はそんな歴史ある宝石の一つ、ヘソナイトガーネットについてお話ししたいと思います!

ヘソナイトガーネットとは

ヘソナイトガーネットとは、グロッシュラー・ガーネット【和名:灰礬石榴石(はいばんざくろいし)】の一種で、オレンジカラーレッドカラーのガーネットのこと。

オレンジ・ガーネットと呼ばれることもありますが、正式名称はヘソナイトガーネットです。

マンガンと鉄分が含まれることで、鮮やかなイエローやオレンジ、褐色を発色します。

また、赤みがかったオレンジのものを「シナモン・ストーン」、ブラウンがかったオレンジのものを「ジャーシンス」または「ヒヤシンス」と呼ばれてもいましたが、サファイアやジルコンなどの他の宝石にも使われ混同されてしまうことがあり、現在では使われなくなりつつあります

高品質とされるヘソナイトガーネットは、明度の高いゴールドカラーのオレンジで、はちみつ色にオレンジカラーを合わせたような色合いです。

内包物が比較的多い宝石なのですが透明度の高いもの程、高品質とされます。

ヘソナイトガーネットの意味


ヘソナイトガーネットの名前の由来は、ギリシャ語の「hesson(エッソン)」からきています。

意味は「劣る」や「数字が低い」なのですが、この名前はヘソナイトガーネットが他のガーネットと比べると、硬度や屈折率が低く、若干柔らかいことに由来し名付けられました。

ですが、同じウグランダイトガーネット種であるデマントイドガーネットの硬度も6.5-7.5と同程度ですし、宝石としては十分な硬度がありますので、宝飾品としても全く問題ありません。

ヘソナイトガーネットの産地

ガーネットは世界各国で産出していますが、ヘソナイトガーネットはスリランカ、アメリカ、カナダなどが主な産出地となっています。

ヘソナイトガーネットとマンダリンガーネットの違い


ヘソナイトガーネットはオレンジカラーの色合いから、しばしば「マンダリンガーネット」と混同されてしまうことがあります。

この二つのガーネットの大きな違いは、ヘソナイトガーネットは正式な宝石名であるのに対し、マンダリンガーネットは宝石名ではなくコマーシャルネームで、正式な鑑別書に記載されない名前であること。

そして、ヘソナイトガーネットはグロッシュラー・ガーネットの一種であるのに対し、マンダリンガーネットはスペサルティンガーネットの一種であることなのですが、この違いでは店頭などで見た時や、現物を見比べただけではわかりませんよね。

ヘソナイトガーネットとマンダリンガーネットを肉眼で見分けるには、2つのポイントがありますので、順番にご説明しますね♪

1.色を見比べる

ヘソナイトガーネットとマンダリンガーネットの二つを肉眼で見分ける場合、まずは色を見比べます

ヘソナイトガーネットの多くは、濃いめのレッドや茶褐色、そして落ち着いたオレンジカラーです。

マンダリンガーネットの場合、ヘソナイトガーネットと似たようなレッドやオレンジでも、より明るめのものが多く、鮮やかな色合いが中心です。

なのですが、高品質なヘソナイトガーネットの場合、ゴールドカラーの明るい鮮やかなオレンジもあり、個体によってぱっと見では見分けがつきにくいものもあります。

2.インクルージョン(内包物)を見る

色で見分けるには難しい場合は、内包物(インクルージョン)を見ます。

ヘソナイトガーネットには、特徴の一つである「糖蜜状組織(トリークル)」と言われる内包物が確認できます。

糖蜜状組織とは、
水の中に濃度の高いシロップや蜂蜜を流し込む際に出来る、色むらのような不均一な組織のこと
で専門家は「スタビー結晶インクルージョン」とも言います。

画像にあるもやもやっとした内包物が糖蜜状組織です。

この内包物は、宝石質のものであるほど確認しにくいのですが、これが確認出来たらヘソナイトガーネットで間違いありません。

最後に

画像:リカラットSHOPより

他のガーネットと比べると比重や硬度、屈折率が低く、そのせいで「劣る」といった意味の名前が付けられたヘソナイトガーネットですが、落ち着いたオレンジカラーやレッドカラーはシックで、とても魅力のある宝石です。

特に糖蜜状組織のインクルージョンはユニークなので、ガーネット種の中でもマニアックな宝石と位置づけられ、鉱物愛好家からも支持される宝石です。

糖蜜状組織は宝石質の高品質な物よりも、鉱物や天然石の品質のものほど確認しやすい特徴ではありますが、やはり透明度の高いヘソナイトガーネットは美しく、希少石として扱われます。

少し落ち着いた色合いのオレンジ系の宝石をお探しの方は、ヘソナイトガーネットはきっとお気に召していただけるはずです♪

リカラット編集部 監修

Twitterフォローお願いします!