スファレライト、クリノヒューマイトなど、まだまだある!みんなが知らない黄・オレンジ系の宝石4選

イエローダイヤモンド

スファレライト、クリノヒューマイトなど、まだまだある!みんなが知らない黄・オレンジ系の宝石4選

黄色・オレンジ系の石と言ったら、どんな石を思い浮かべますか?

よく知られているのはトパーズシトリンなどでしょうか。

石好きな方ならたくさんご存知かもしれませんね。

イエローサファイアオレンジガーネットなどもあります。

これからご紹介する4つの石はいずれもレアストーンで、一般的にはあまり知られていませんが、魅力たっぷりの宝石たちです♪

これを機に知っていただけると嬉しいです。

スファレライト

特徴

モース硬度が低く丈夫とは言えないため、ジュエリーとして使われることは少ないですが、コレクターにはとても人気のある石です。

人気の秘密は美しさにあり!

ダイヤモンドを上回る高い分散率と、ダイヤモンドに匹敵する高い屈折率を持っています。

しかし、割れやすいので複雑なカットが難しく、職人泣かせの石だと言われています。

色は黄色のほか、赤、茶、黒、緑、無色があります。

産地

スペイン、アメリカ、カナダ、メキシコ、中国など。

日本では、岐阜、新潟、秋田で産出されます。

宝石言葉

宝石言葉は「調和

バランス感覚を取り戻し、夢に向かってバックアップしてくれると言われています。

※コチラの記事も参考に☆
▶︎似てる?似てない?スファレライトとスフェーン、共通点と違いとは

アンダリューサイト

特徴

アンダルサイト、アンダリュサイトとも呼ばれています。

色は茶色っぽい色をしているものが多いのですが、見る角度によって色が変わる「多色性」を持っています。

なんといっても特徴的なのは、黒の十字の模様が入っていること。

シックな色合いにクロスが入っていて、とても神秘的ですね。

アンダリューサイトを選ぶ時には、きれいに十字が入っているものがおすすめです。

産地

オーストラリア、中国

宝石言葉

宝石言葉は「希望」「成長」

クロスが入っていることから、古くは宗教で使われました。

不安や恐怖を抑え、新しいことにチャレンジすることをサポートしてくれると言われています。

パロットクリソベリル

特徴

カッティングすることで強い輝きを放つ、近年人気急上昇クリソベリル

アレキサンドライトと同じグループに属するクリソベリルの中でも、「パロットクリソベリル」は黄緑色の明るい蛍光性を持った石です。

オウムの羽根の色に由来する「パロットカラー」と呼ばれるクリソベリルは、とても産出量が少なく、インドのチンタバリ鉱山1997年から6年間のみ採掘されました。

その特別な希少性ゆえに、ほかのクリソベリルと区別するために「パロットクリソベリル」という固有名詞が付いたと言われています。

産地

インド(チンタバリ鉱山)

宝石言葉

宝石言葉は「ロマンチックなシグナル」「静かに見守る」

強い邪気をはらいマイナスのエネルギーから守りあるがままの自然体の自分でいられることをサポートする、と考えられています。

クリノヒューマイト

特徴

1980年代終わりに宝石デビューしたレアストーンで、色は、オレンジ、赤、黄色があります。

インクルージョン(内包物)が多い石で、良質のクリノヒューマイトはとても産出量が少なく、コレクターでも入手困難です。

多くの宝石はインクルージョンの有無が価値を左右しますが、クリノヒューマイトの場合、どうしてもインクルージョンが入ってしまうため、それで価値を判断することはできません。

石そのものの大きさ透明度などを総合して判断します。

なかなか市場に出ることはないのですが、黄金色に輝くゴールデンオレンジのクリノヒューマイトの美しさは格別で、とても人気があります。

産地

タンザニア、ロシア、アフガニスタン、ミャンマー、タジキスタン、中国

宝石言葉

レアストーンでもあり、宝石として新しい石なので、宝石言葉はまだ明らかになっていません。

まとめ

イエローダイヤモンド
黄色・オレンジ系の稀少石を4つご紹介しました。

宝石との出会いは一期一会。

なかなかお目にかかれない石ばかりなので、出会ったらそれは「奇跡」かもしれませんね。

ピン!とくるものがあったら、お迎えしてみませんか?

リカラット編集部 監修

Twitterフォローお願いします!




ABOUTこの記事をかいた人

ジュエリー専門学校で、ジュエリーデザインとメイキングを学び、主にダイヤモンドジュエリーを扱うメーカーに就職。デザインと営業事務に携わりました。好きな石はダイヤモンド。趣味でアクセサリーを作っています。