ダイヤモンドの価値を決める「鑑定書」

ダイヤモンド鑑定書

ダイヤモンドの価値を決める「鑑定書」

鑑定書あるないとでは大違い!

ダイヤモンドは、グレードがひとつ違うだけで、価値やお値段が大きく変わってきます。

「鑑定書ってそんなに大事なの?」
「どうやって見るのかわからない!」
「なんだか難しそうだな…」

という方も、ポイントを押さえれば大丈夫です!

鑑定書ってどんなもの?」ということから、「4Cって聞いたことがあるけど、それはなに?」ということまで、ひとつひとつ解明していきましょう!

鑑定書とは?

ダイヤモンド鑑定書
鑑定書」とは、ダイヤモンドだけに発行することができる、いわゆる宝石のレポートで、逆に言うとダイヤモンド以外の石にはつけることができません。

要するに、どんな石にも「鑑別書」を発行することはできますが、「鑑定書」はダイヤモンドだけ。

どういうことかというと、「鑑別書」は、石の種類天然石か否かを証明することはできますが、その石の価値までは測ることができないのです。

そして、ダイヤモンドの品質を評価する「鑑定書」は、GIA(アメリカ宝石学協会)の定めた「4C」が世界共通の基準となっています。

4Cとは?

ダイヤモンド4C
鑑定書4C(カラット、カラー、クラリティ、カット)について、複数の鑑定士が鑑定した結果が記されます。

カラット、カラー、クラリティ、カット、4つの頭文字の「C」を取って、「4C」です。

では、4つの「C」をひとつひとつご説明していきましょう。

Carat(カラット):ダイヤモンドの重さ

ダイヤモンドの重さの単位を「カラット」または「キャラット」と言い、「ct」と表記します。

1.00ctは0.2g。

語源は「イナゴマメ」のギリシア語名「ceration」で、「イナゴマメ何粒分の重さか」というのが起源だと言われています。

Color(カラー):ダイヤモンドの色

ダイヤモンドの色の段階を、アルファベット一文字で表すのが「カラー」です。

無色透明の最高品質のカラーが「D」カラー。

D~Zまでのカラーがあり、Zに近いほど黄味や茶色が濃くなります。

Zより色が濃いものや、希少価値の高いピンクダイヤモンド、ブルーダイヤモンドなどは「fancy」という、ファンシーカラーとしての評価が付きます。

Clarity(クラリティ):内包物やキズ・欠けなど

多くのダイヤモンドには、「インクルージョン」と呼ばれる内包物や、表面にキズや欠けなどの「特徴」があります。

鑑定士が10倍のルーペを使って、外部と内部の特徴の数、大きさ、レリーフ、性質、それらの位置判定をします。

クラリティ評価は、まず大きく6つのグレードに分けられ、そこからさらに細分化し、全部で11のグレードに分けられます。

FL(フローレス)
表面も内側もまったく特徴がない

IF(インターナリーフローレス)
表面に極めて軽微な特徴を持つが内側はまったくない

VVS1(ブイブイエスワン)
VVS2(ブイブイエスツー)
内側に極めて軽微な特徴を持つ

VS1(ブイエスワン)
VS2(ブイエスツー)
内側に軽微な特徴を持つ

SI1(エスアイワン)
SI2(エスアイツー)
内側に目視で発見できる程度の特徴を持つ。小さなカケがありえる。

I1(アイワン)
I2(アイツー)
I3(アイスリー)
内側に目視で容易に発見できる特徴を持つ。カケがありえる。

Cut(カット):カッティングの仕上がり

ダイヤモンドの最大の魅力である「輝き」を存分に引き出してくれるのが「カット」です。

ダイヤモンドの最もポピュラーなカットである「ラウンドブリリアントカット」のみに、カット評価が付きます。

カット評価の条件

次の3つの条件をクリアしたものが、カット評価に進むことができます。

ラウンドブリリアントカットのもの

②クラリティがFL~I3以内

③カラー評価がD~Z以内

カットのグレード

プロポーション」と「フィニッシュ」という二つのポイントをもとに、5段階のカット評価が決まります。

Excellent(エクセレント)最も理想的な形

Very Good(ベリーグッド):理想的な形

Good(グッド):良い形

Fair(フェア):適正な形

Poor(プアー):見劣りする形

まとめ

ダイヤモンドリング
ダイヤモンドのついた婚約指輪を購入した方ならきっと、鑑定書をお持ちの方も多いと思いますが、じっくりとご覧になったことはありますか?

しまい込んでしまってあまり見ることはない、という方も少なくないのではありませんか?
(私もつい、そういえば私の鑑定書はどこへ行ったのだろう…と気になってしまいました。。。)

たまには鑑定書を出して、眺めてみるのもイイかもしれません。

「私のダイヤはどんなダイヤなのかな?」と知ることができて、さらに愛着がわくと思いますよ♪

これからダイヤモンドを選ぶ方も、これを読んでポイントを押さえたら、4Cにも注目しながら選んでみてくださいね。

リカラット編集部 監修

Twitterフォローお願いします!


ABOUTこの記事をかいた人

ジュエリー専門学校で、ジュエリーデザインとメイキングを学び、主にダイヤモンドジュエリーを扱うメーカーに就職。デザインと営業事務に携わりました。好きな石はダイヤモンド。趣味でアクセサリーを作っています。