ダイオプサイトってどんな宝石?色は?産地は?

ダイオプサイド

ダイオプサイトってどんな宝石?色は?産地は?

ダイオプサイトというと、深いグリーンカラーのイメージが強い宝石かと思いますが、実はホワイト、ブルー、パープルなど意外と様々な色合いが存在します。

また、ダイオプサイトは変種が多く様々な効果を見せてくれる宝石でもあります。

今回は、そんなダイオプサイトの特徴や変種の効果なども併せてお話ししたいと思います!

ダイオプサイトの特徴

ダイオプサイトは、鉱物名も同じくダイオプサイド(和名:透輝石)です。

過去には「シェッフェル輝石」や「白シェッフェル輝石」、「亜鉛シェッフェル輝石」とも呼ばれていました。

ダイオプサイトには、硬度は5-6であるものの、2方向に完全にへき開しているため、欠けやすい特徴があります。

そのため、装飾品に使われるダイオプサイトの多くは、カボションカットにあしらわれます。

ガラスのような光沢があり、美しい照りが楽しめる宝石です。

ダイオプサイトの由来

ダイオプサイトの名前の由来には、ギリシャ語の透明を意味する「diopsis」から由来して名付けられたという説と、二つやダブルを意味する「di」見た目や外観を意味する「optis」の造語から由来したといわれる2つの説があります。

どちらも色に関する由来ですが、その理由はダイオプサイトには、角柱状の形にすると見る角度によって色が違って見える「多色性」があることから由来していると考えられています。

ダイオプサイトの色

深いグリーンのイメージが強いダイオプサイトですが、ホワイトやブルー、パープルにブラウン、クリア、グレーなど、意外と多くの色が存在します。

少し珍しい色に、イエローがかったブラウンや、グリーンがかったブラウンなどもあります。

どの色もガラスのような艶やかな光沢が楽しめるのも、ダイオプサイトの特徴です。

ダイオプサイトの産地

宝石質のダイオプサイトが産出されるのは、シベリア(ロシア)、ミャンマー(旧ビルマ)、インド、イタリア、スリランカ、ブラジル、マダガスカル、南アフリカ、パキスタン など

ダイオプサイトの変種

ダイオプサイド2
色が豊富なダイオプサイトですが、色だけでなく様々な効果を見せてくれる変種も多く存在します。

順番にご紹介していきます!

クロムダイオプサイド

クロミウムを多く含み深緑色を発色する、ダイオプサイトの亜種です。

一般的なものと比べると、鮮やかなグリーンが特徴的で、「ロシアンエメラルド」の別名も持ちます。

ツァボライトやエメラルド、グリーンアベンチュリンとも似た色合いのものが産出されます。

希少性が高い宝石ですが、近年、ロシアで大鉱床が発見されたことから、徐々に流通し始めている宝石です。

ビオラン

マンガンを含み、青みがかったパープル系の発色がみられ、別名「バイオレーン」とも呼ばれるダイオプサイト

イタリア語ですみれを意味するViola(ヴィオラ)」から名付けられています。

ダイオプサイト・キャッツアイ

主にグリーン~深いグリーンの地色で、猫の目のような光の筋をみせる、「キャッツアイ効果」のあるダイオプサイト。

針状結晶体のルチルを含有しているので、透明度は低く半透明な色合いで、ペンライトなどを当てると、一条の光の筋をみせます。

キャッツアイ効果が楽しめるよう、殆どのダイオプサイト・キャッツアイはカボションカットに研磨されます。

スターダイオプサイト

暗めの濃い褐色や、ブラックの地色が多い宝石で、ペンライトなどを当てるとシルバー系の色合いで、十字型に四条の星の光を放ちます

ルビーやサファイアなどに現れるスター効果の多くは光の筋が六条で現れますが、スターダイオプサイトで見られるそれは四条で、スターダイオプサイトならではの特徴ともいえます。

そしてスター効果が楽しめるよう、ダイオプサイト・キャッツアイと同じく、多くはカボションカットに研磨されます。

ダイオプサイトの中でも流通量の多い宝石なので、比較的リーズナブルです。

最後に

ダイオプサイド3
意外と豊富なカラーが楽しめる宝石、ダイオプサイト。

色だけでなく、個性的な効果も楽しめることから、ラグジュアリーなジュエリーから、カジュアルなものにまで幅広く愛されている宝石です。

個人的には、透明度が高く艶やかなクロムダイオプサイトは希少石であることから、上品なジュエリーにあしらわれていると目を奪われます。

また、スターダイオプサイトはクールな印象を受けるので、メンズ向けのジュエリーにあしらわれているとイメージに合っていて魅力的に感じることが多いです。
ハードなシルバーアクセサリーに使われることも多いですね!

様々な魅力を見せてくれるダイオプサイトの中から、好みに合ったダイオプサイトと出会えるお手伝いが出来たらうれしいです♪

リカラット編集部 監修





ABOUTこの記事をかいた人

毎日200個以上の宝石に触れる仕事をしています。宝石のことをあまり知らない方にも、分かりやすい記事作りを心掛けています。オードリーヘップバーンの映画を観てからクンツァイトに魅了されています。