ターフェアイトという宝石を知ってる?スピネルと間違えられたって本当?

Photo by : Stefano Ember / Shutterstock.com

ターフェアイトという宝石を知ってる?スピネルと間違えられたって本当?

ターフェアイトって、聞きなれない名前ですよね?

それもそのはず、世界の希少石トップ10に入る、知る人ぞ知るレア中のレアストーンなのです。

発見されたのは20世紀に入ってからとごく最近な上、ジュエリーとして流通することはごく稀なことから、一般的にはあまり知られていません。

今回は、そんなターフェアイトの歴史から特徴や産地、さらに価値についてなど、その魅力のすべてをお伝えしていきます。

ターフェアイトの歴史

Photo by : Aitormmfoto / Shutterstock.com

1945年の10月、アイルランドの首都ダブリンに住むエドワード・C・R・ターフェという人物が、馴染みの宝石商に標本を見せてもらいました。

ターフェ伯爵はオーストリア出身の宝石学者。
宝石商が古いジュエリーから取り外したという、オールドカットの宝石を大量に譲り受けていました。

そしてこの日、宝石商の標本箱の中から、クッションカットが施された『スピネル似の淡い藤色の宝石』を見つけました。

この宝石に興味を持ったターフェ伯爵は、早速鑑定を始めます。

すると、スピネル似のその宝石は
『スリランカ産』で、
『スピネルにはない複屈折を見せる』

ことが明らかになったのです。

新たな宝石の大発見かも!?
と驚いたターフェ伯爵は、早速宝石の標本をロンドンの研究所に送ります。

しかしこの時の鑑定の結果は、「この石がスピネルかどうかは不明」という残念なものでした。。

ところがその4年後、同様の結晶が発見され、ついにこの宝石が新種の石であることが決定付けられたのです。

ちなみに、このターフェアイト、最初は1.419カラットでしたが、0.55カラットにリカットして分析が行われました。
そして後に、ターフェ伯爵へ贈与されたそうです。

ターフェアイトの名前の由来

世界で初めて、この宝石が他のものとは違う新種であることを発見したのが、前述の通りターフェ伯爵です。

このことに敬意を表し、ターフェ伯爵の苗字『Taaffe』を由来とするターフェアイト(Taaffeite)と名付けられたそうです。

ターフェアイトの性質

結晶系 六方晶系
化学組成 ベリリウム・マグネシウム・アルミニウム酸化物
硬度 8
比重 3.61
屈折率 1.72-1.77
複屈折率 0.004
光沢 ガラス状

ターフェアイトの鉱物の特徴

ターフェアイトの原石は炭酸塩岩に生成しますが、トルマリンやスピネル、フローライト、マイカ(雲母)などを伴います。

結晶は透明から亜透明で、形は沖積粒やプリズム(角柱)で発見されています。

ターフェアイトの色

最初に発見されたターフェアイトは、淡いふじ色のような紫でした。

紫色のほかにも、無色から赤、青、灰色味やピンク味を帯びたヴァイオレット、薄緑色をしたものなどが見つかっています。

ターフェアイトの産地

高品質のターフェアイトは、スリランカとタンザニアにある沖積鉱床で見つかっています。中国でも採られていますが、ほかと比較すると低品質のものが多いようです。

ターフェアイトの希少性


出典元:https://www.jtv.com/

ターフェアイトは極めてレアな宝石です。ジュエリーとして市場に流通することはほとんどなく、大抵は博物館やコレクションのためにカットされています。

世界中の宝石の中でも希少価値が高く、1カラット当たりの平均価格は1500ドル(約16万5千円)~2500ドル(約27万5千円)といわれています。

ターフェアイトは、世界のレアストーントップ10にランキング入りしているような希少な宝石。

産出量も少なく、最初に発見された後、世界でほんの一握りほどしか見つかっていないといいます。

最初に発見された3つのターフェアイト

では具体的にはどのくらい希少なのでしょうか?

まず、最初のターフェアイトの発見はターフェ伯爵が見つけた1945年でした。

2番目のターフェアイトが見つかったのは、4年後の1949年。ここまでは前述した通りですね。

そしてこの後、1970年代半ば頃までにもうひとつのターフェアイトが確認されます。

つまり。
最初の発見からおよそ30年もの間、世界中でターフェアイトと認められたものはたった3石だけだったというコトです!

驚きですね!

その後1980年までに10石が発見され、1983年頃には世界中で50石ほどがターフェアイトだと認められたそうです。

ちなみに発見された順番はこちら。

  1. 1945年、最初に発見された0.55カラット。現在はターフェ伯爵所有。
  2. 0.86カラット。ロンドン自然博物館所蔵。
  3. 0.84カラット。ニューヨークのGIAで鑑定後、所蔵されています。

大きなターフェアイト

ちなみに、スリランカのコレクターは、以下に挙げる大きなターフェアイトのルースを含む、多くのターフェアイトを所有しているそうです。

  1. 13.22カラットで薄紫色をしたオーバルカット、FLクラス。
  2. 10.13カラットで灰紫色をしたオーバルカット、SIクラス。
  3. 11.24カラットのピンク色をしたオーバルカット。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ターフェアイトという宝石は、宝石学者のターフェ伯爵がカット石に目を付けたことから、その存在が明らかになったのですね。

宝石との出会いって、本当に不思議だと思いませんか?

ただ、ターフェアイトは産出量が少なくサイズも小粒なことから、良質のルースを入手することは困難な宝石です。コレクターにとってはたまらない宝石かも。

もしも偶然見つけることがあったなら、是非とも手に入れてみたい宝石のひとつですよね。

リカラット編集部 監修





ABOUTこの記事をかいた人

ロンドン在住。Gem-Aで学んだ後、2001年にFGAとDGAを取得。宝石の歴史や伝説などについてのお話と、19世紀末のアール・ヌーヴォーのデザインがお気に入り。好きな宝石は、深いコバルトブルーをしたアウイナイトです。