ネット通販の商品名ですぐに分かる 実は「偽ダイヤモンド」で有名な3つのダイヤ

ダイヤモンドリング

もはやネットショピングは当たり前。
猫のおやつからダイヤモンドまで、気がつくとネットで検索、ポチってしまう今日この頃。

しかし!ネット通販、特にヤフオク、楽天市場などで「ダイヤモンド」を検索すると、恐ろしいほどたくさんの「偽物のダイヤモンド」が堂々と、まるで「本物」のように出回っているのをご存知でしょうか?

大枚はたいて買ったダイヤモンドがもし偽物だったら…。キィーー!私だったら大事なMacを床に叩きつけてしまうかも(泣)

今回は、ネット通販、特にヤフオク、楽天市場などのオークションサイトで購入するときに注意したい、実は「偽ダイヤモンド」で有名な3つの石をご紹介します!!

「CZ」と小さく記載されていたら、それは「キュービックジルコニア」

ダイヤモンドピアス

「CZダイヤモンド」「1.5ctダイヤモンド(CZ)」「1円スタート ゴールドデザイン ワンポイントCZダイヤモンド ピアス 径約8mm」などなど。。。

偽物のダイヤモンドの代名詞といえば、「キュービックジルコニア」

この名前はかなり有名で、比較的世間に浸透している気がします。

しかしそれを隠すように、ネット通販で「キュービックジルコニア」を(CZ)とアルファベット2文字で表している商品のなんと多いことよ。。。

この表記を見逃したり、うっかり騙される人はかなり多いはずです。

偽ダイヤモンドの中には、天然のダイヤモンドと成分が変わらないで作られる「人工ダイヤモンド」と言われる商品もあります。

しかし「キュービックジルコニア」は、酸化ジルコニウムをメインに合成して作られた合成石

炭素の同素体である天然ダイヤモンドとは全く違う素材、成分でできているのです。

*CZダイヤモンド=偽ダイヤモンドと覚えておきましょう。

かなり本物に近いから困ってしまう!「モアッサナイト」

「正直、1万円程度の安いダイヤモンドテスターなら、「本物」として反応しちゃうこともあるんだよね。」

と鑑定士も語る、モンスター級の偽ダイヤモンドがこちらの「モアッサナイト」。(詳細はコチラをお読み下さい。)

質屋や宝石のプロでも真贋の判別が難しい、といわれる理由として、

①モアッサナイトの成分は、炭化ケイ素(Silicon carbide)で、自然界に存在する鉱物である。

②モアッサナイトは光の屈折率、熱伝導率がダイヤモンドと近い。

③天然Moissaniteダイヤモンド、などと英語表記されると本物に思えてしまう。

というようなことが挙げられます。

なにしろ日本人のワタクシには「Moissanite」がモイ・・・・モ・・・ん!?と、うまく読めません!

ダイヤの真贋を判定する「ダイヤモンドテスター」でも本物と反応してしまうことがあるという、恐るべきモアッサナイト。かなりの強敵です。
本物だと信じちゃうのも無理のない話です。

現在はかなり精度が高いダイヤモンドテスターの機械も出回っているので、ほぼほぼ真贋は見分けられるそうですが、昔ながらの古い機械を使っている会社や質屋さんでは、もしかしたらモアッサナイトを「本物のダイヤ」として預かってしまったり販売している可能性、あるかも知れませんね。。。

これは偽モノとはいえないかも?シンセティックジェムストーン

オパール
天然石と成分や結晶などの特性が全く同じ。そんな石を人工的に作ったものを「シンセティックジェムストーン」と呼びます。作り方はこんな感じ。

シンセティックの場合には、天然の宝石と同じ素材を用いて、
人工的に自然の宝石を作る工程を行います。

例えば、ダイヤモンドは炭素を高温加熱や
圧縮によって作り出すといったもので、
化学組成も結晶構造も天然宝石と同じ仕上がりになるのです。

引用元:http://atikat.com/blog/

その歴史は古く、初めてシンセティックジェムストーンの製造に成功したのは、なんと1904年。
フランスの科学者、ベルヌーイ博士が作った合成ルビーがはじまりだと言われています。

現在、アメリカなどではこのシンセティックジェムストーンを「天然石よりも綺麗」「価格も安い」という理由で購入する人も多いとか。

日本製なら京セラの「クレサンベール」が近い存在ですね。

ちなみに、ヤフオクで「シンセティック」と検索してみたら、圧倒的に多いのはダイヤモンドよりも、「シンセティックオパール」でした。

写真でみると、確かにため息の出る美しさ。つい、「これでもいいか…。」とポチりたくなってしまうのが恐ろしいです。

もちろん、本物でも偽物でも、それがきちんと記載されており、本人が納得して買う分には、全く問題はありません。

しかし、例えば、

«ニューヨークから“直接”お届け!専属の契約工房と共に開発した「シンセティック エメラルド」のネックレスは、天然の「奇跡のエメラルド」。内包物のない純な輝きと光沢感、ジュエリーに適した程よいグリーンが魅力。»

などと説明文に書かれていると、このエメラルドが果たして本物かどうか、ちょっと分かりにくいと思いませんか?

天然の宝石だと勘違いして購入してしまう人、きっといるような気がします。

ネットで偽ダイヤモンドを見分ける方法!

探偵

悲しいことですが、現実問題としてネット通販/ヤフオクでは、偽ダイヤモンドを堂々と「ダイヤモンド」とだけ表記して販売している会社が結構あります。

そこで、自分の身は自分で守るべく、偽ダイヤモンドの見分け方をご紹介しましょう。

例えば、

①素材がシルバー925
※通常本物のダイヤはK18やPt900/Pt950といった、金やプラチナが地金に使われることが多いです。

②石目/ダイヤモンド : 8mmx6mm * 1など、ダイヤモンドの石目がmm単位で書いてある。
※本物のダイヤは「0.3ct」など、カラット(ct)で書くのが通常です。

③Moissanite diamondなど、わざと英語で書かれている。

などの場合は、偽ダイヤモンドの可能性が非常に高いです。
ネット通販/ヤフオクでダイヤモンドを買うときは、サイトに記載されている説明文は、どんなに小さな文字で書かれていても、最初から最後までじっくり読んだ方が安心です!

最後に

虫メガネ

ダイヤモンドはそうそう気軽に買えるものではありません。
悩みに悩み、清水の舞台から飛び降りて買ったのに、フタを開けたら真っ赤な偽物が届いた……。なんて、悲しすぎますよね。

せめてネットでついついポチる前にこの3つの偽物のことを思い出してもらえれば嬉しいです。

リカラット編集部 監修