タイガーアイとはどんな宝石?種類や意味は?

タイガーアイ

タイガーアイとはどんな宝石?種類や意味は?

虎の目のような鋭いキャッツアイ効果を見せるタイガーアイ。強く煌めく金褐色が、とても豪華な印象です。

古来から神の目として称えられてきたタイガーアイは、どのようにして生成したのでしょうか。

こちらでは、タイガーアイがキャッツアイ効果を見せる要因、色の種類や鉱物としての特徴など、様々な角度からお伝えしていきます。

タイガーアイとは

タイガーアイ2

タイガーアイは、シャトヤンシー(キャッツアイ効果)を見せる石です。黄色や金褐色の縞模様を見せ、虎の目に似ていることから『タイガーアイ(虎目)』と呼ばれるようになりました。

タイガーアイの性質

結晶系 三方晶系
化学組成 二酸化珪素
硬度 7
比重 2.65
屈折率 1.54-1.55
複屈折量 0.009
光沢 ガラス状

タイガーアイの色の要因

アスベスト
タイガーアイは、クオーツ(石英、水晶)の一種。クロシドライト(青色アスベスト)にクオーツが溶け込み、固まってできたものです。

クロシドライト内にある鉄が酸化すると、黒くなります。酸化した鉄の錆びが原因となり、黄色や金褐色の縞模様を見せるのです。

クロシドライトの鉄が酸化しないままだと、灰青色をしたホークスアイ(鷹目石)になります。

キャッツアイ効果を見せる要因

タイガーアイ3

タイガーアイがキャッツアイ効果を見せるのは、内包するクロシドライトが繊維状となり、平行に連なっているためです。

タイガーアイはクロシドライトにクオーツが染み込み、固まって生成したものです。

地中の奥深くで生成する長い歳月の間、クロシドライトが徐々に溶けていきました。次第に絹状に並んだ結晶構造がクオーツに変換されていき、キャッツアイ効果を見せるようになるのです。

タイガーアイの色と種類

タイガーアイ種類

タイガーアイが内包するクロシドライトの鉄が酸化すると、黄色になります。酸化していないものは、青や灰色を呈します。ゴールドや赤や緑なども出回っていますが、これらは脱色や着色処理が施されています。

こちらでは、タイガーアイの色の種類をそれぞれご紹介していきます。天然の色から人工処理が施されたものまで、バリエーションが大変豊富です。

イエロータイガーアイ

イエロータイガーアイ

タイガーアイとして一般的に知られている、定番の色です。金褐色や黄色の縞模様を見せます。

ブルータイガーアイ

ブルータイガーアイ

青い色をしたタイガーアイです。クロシドライトの鉄が酸化しないままのタイガーアイで、ホークスアイやファルコンアイとも呼ばれています。

グレータイガーアイ

グレータイガーアイ

グレーの地色をしたタイガーアイです。イーグルアイ(鷲目石)と呼ばれていますが、正式にはクォーツァイト・キャッツアイという名称がついています。

ゼブラタイガーアイ

ゼブラタイガーアイ

イエローとブルーなど2色を呈する珍しいタイガーアイです。結晶内の鉄分の酸化が途中でストップするなどした結果、ブルーとイエローが縞模様になっています。

ピーターサイト

ピーターサイト

タイガーアイとホークスアイ(ブルータイガーアイ)が溶け合って出来たものです。濃い青色と金褐色が混ざり合った、マーブル模様をしています。

1962年にナミビアでシド・ピーターズという人物が発見したことから、こう名付けられました。

レッドタイガーアイ

レッドタイガーアイ

赤褐色をしたタイガーアイです。天然産は非常に稀で、大抵はイエロータイガーアイに加熱処理を施したものです。

雄牛の目という意味の、ブルズアイやオックスアイとも呼ばれています。

ゴールデンタイガーアイ

ゴールデンタイガーアイ
明るいトーンの黄金色をしています。縞模様が淡く、黄色の色合いが強くなっています。一般のタイガーアイを脱色処理したものです。

オレンジタイガーアイ

金色のタイガーアイを加熱処理して、オレンジ色に変化させたものです。

脱色・着色処理を行ったタイガーアイ

ピンクタイガーアイ、パープルタイガーアイ、グリーンタイガーアイ、ブラックタイガーアイなどです。

イエローやブルーのタイガーアイなどにも、人工処理を施したものが出回っていると聞きます。

タイガーアイの産地

タイガーアイは、主に南アフリカで産出されています。南アフリカのグリーカランド地域では厚い板状の結晶が産出され、ホークスアイ(鷹目石)を伴っていることが稀にあります。

ほかにも、オーストラリア、ナミビア、インド、ミャンマー、北米、ブラジル、カナダ、スペイン、韓国、中国などで産出されています。

タイガーアイの意味

壁画

タイガーアイの宝石言葉は、知識、独立、洞察力、富などです。

鋭い目のような効果を見せるタイガーアイは、古来から洞察力を磨く宝石として、大切に扱われてきました。

古代エジプトでは神像の目に嵌められ、邪気や悪夢から身を守る石として護符にしていたといいます。

まとめ

タイガーアイ
いかがでしたでしょうか。

黄金色で有名なタイガーアイですが、実はこんなにも色の種類があるのですね。

タイガーアイは硬度も比較的高く、扱いやすい宝石です。クールで力強い印象があるので、男性が着用するジュエリーとしても人気が高いのですよ。

リカラット編集部 監修

Twitterフォローお願いします!


ABOUTこの記事をかいた人

マクロクリンイクミ。Gem-Aで学んだ後、2001年にFGAとDGAを取得。宝石の歴史や伝説などについてのお話と、19世紀末のアール・ヌーヴォーのデザインがお気に入り。好きな宝石は、深いコバルトブルーをしたアウイナイトです。ロンドン在住。