あなたはどっち派? ムーンストーンVSサンストーン、太陽と月の名前をもつ二つの宝石を徹底分析!

ムーンストーン ルース サンストーン

あなたはどっち派?ムーンストーンVSサンストーン、太陽と月の名前をもつ二つの宝石を徹底分析!

ムーンストーンとサンストーン、どちらも月と太陽を名前に含む宝石ですが、どんな宝石かご存知でしょうか?

一見すると、全く異なる見た目を持つ二つの宝石ですが、実はどちらも同じ長石グループ(フェルドスパー)に属しており、謂わば仲間のような宝石なのです。

今回は、そんなムーンストーンとサンストーンのそれぞれの特徴と魅力をお話ししたいと思います!

ムーンストーンの特徴


和名で月長石(げっちょうせき)とも呼ばれるムーンストーンは、個性的な宝石が多い長石(フェルドスパー)の仲間です。

長石とは20種類以上の鉱物からなるグループで、火成岩の造岩鉱物に当たります。

同じ長石グループで有名な宝石はオーソクレーズやアマゾナイト、ラブラドライト、ペリステライトなどが挙げられます。

月の光を思わせる、青みのある光が特徴的で、その昔インドでは月の光が固まったものだと信じられていました。

長い歴史を持つ宝石で、紀元前100年のローマ時代にはすでに装飾品にあしらわれ、20世紀にはカルティエ社やティファニー社のジュエリーにも取り入れられ、人気を博しました。

特徴的な、“真珠のようなぼんやりとした柔らかい光”は、シラー効果と言われます。

また、中には“一筋の光を放つ猫の目”のようなキャッツアイ効果がみられるものもあります。

ムーンストーンという名前が有名で需要も高いことから、しばしば別の鉱物がムーンストーンとして販売されていることがあります。

その一つがラブラドライトです。

しかし内側からぼんやりとした光が一定方向に光っている印象のムーンストーンに対し、ラブラドライトの光は「ラブラドレッセンス」と呼ばれる表面が光る効果で、ムーンストーンのそれとは異なります。

またムーンストーンとラブラドライトの中間のようなイメージのペリステライトと呼ばれる宝石もあり、こちらもよくブルームーンストーンとして流通しています。

どれも同じフェルドスパーの仲間ではありますが、鉱物的には別の宝石になります。

ただ非常にあいまいな部分もあり、業者によっては混在していることも多いのが現状です。

ムーンストーンの色

クリアカラーホワイト、グレー、オレンジ、ライトグリーンイエロー、ライトブルー、褐色などがあります。

また虹色の光を放つ、レインボー・ムーンストーンもあります。
しかしこれは名前にはムーンストーンとついてはいますが、鉱物的にはラブラドライトの一種です。

ムーンストーンの産地

主な産地はスリランカ
その他はインドマダガスカル、アメリカ、ミャンマー、タンザニア、北朝鮮などからも産出します。

※ムーンストーンついてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事も参考に☆
6月の誕生石「ムーンストーン」の魅力に迫る!
ムーンストーンの種類は?意味や価値から偽物についてを徹底解説します!

サンストーンの特徴


オレンジの地色にインクルージョンが煌めくまるで太陽のような宝石、サンストーン。

ムーンストーンと同じ長石グループの仲間ヘリオライトという別名も持ちます。

サンストーンとは、実は一つの宝石の名前ではなく長石グループの中で結晶インクルージョンが煌めく「アベンチュレッセンス」がみられる宝石の総称です。

そのためアベンチュリン・フェルドスパーとも呼ばれ、和名を日長石/にっちょうせきといいます。

サンストーンの多くはオリゴクレースにヘマタイトが含まれたオリゴクレース種ですが、ラブラドライトに銅が含まれたものや、アンデサイトやオーソクレーズ、マイクロラインといった鉱物種にも、アベンチュレッセンスがみられるサンストーンが存在します。

サンストーンの色

レッド、オレンジ、グリーンなど

サンストーンの産地

南インド、コンゴ、オレゴンなどから産出します。

中でもアメリカのオレゴン州から産出されるサンストーンは、インクルージョンのきらめきが特徴的で「オレゴンサンストーン」という名前で流通しており、近年とても人気が高いです。

※サンストーンについてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事も参考に☆
太陽の石サンストーン、名前の意味って?どんな種類があるの!?
イマドキ人気な秘密が知りたい!噂の宝石オレゴンサンストーンを徹底研究!

ムーンストーンとサンストーンの共通点と違い


ムーンストーンとサンストーンの大きな共通点はやはり、同じ「長石グループ」の仲間であることです。
そしてインクルージョンによる光が特徴的で、非常に個性的な魅力を持つことも共通点と言えるのではないでしょうか?

逆にムーンストーンとサンストーンの違いは、ムーンストーンに見られる効果は猫の目のような光を放つ「キャッツアイ効果」や柔らかい光が特徴的な「シラー効果」であるのに対し、サンストーンは煌めきの強い「アベンチュレッセンス」であること。

そして、十七世紀からムーンストーンと呼ばれ、古くからジュエリーに使われてきた歴史ある宝石であるのに対し、サンストーンは比較的最近名付けられた歴史の浅い宝石です。

しかしどちらの宝石も個性的で、他の宝石には見られない効果が魅力的ですね!

最後に

画像:リカラットSHOPより

月と太陽と相反する名前が付けられた、ムーンストーンとサンストーン。

どちらの宝石も光に特徴があり、個性的な魅力あふれる宝石です。

モース硬度はどちらも6~6.5ですから、傷がつきにくくデイリーに使うジュエリーにも最適です。

リカラットSHOPでもムーンストーンサンストーン共にお取り扱いがあることがありますので、ぜひチェックしてみてくださいね♪

リカラット編集部 監修





ABOUTこの記事をかいた人

毎日200個以上の宝石に触れる仕事をしています。宝石のことをあまり知らない方にも、分かりやすい記事作りを心掛けています。オードリーヘップバーンの映画を観てからクンツァイトに魅了されています。