カリスマの宝石 希少石ブラックオパールが選ばれる理由3つ

ブラックオパール1

カリスマの宝石 希少石ブラックオパールが選ばれる理由3つ

ブラックオパールとは?

ブラックオパール2
ブラックオパールはオパールの仲間で、その色合いが不透明な濃いグレーから黒色のものを指します。石自体の色に様々な色彩が見られ、和名では「黒蛋白石(くろたんぱくせき)」と呼ばれています。

ブラックオパールの産地

ブラックオパール3
ブラックオパールの産地として有名なのはオーストラリアのサウスウェールズ州にあるライトニングリッジですが、同じくオーストラリアのクイーンズランドやサウスオーストラリアでも産出されるといわれています。

ブラックオパールが選ばれる理由3つとは?

ブラックオパール4

1. 希少性

ブラックオパールは産出量が少なく希少性が高い宝石の一つです。

2. 神秘的な色合い

ブラックオパールの色味はベースは暗めのグレーから黒色ですが、表面にブルー、グリーン、イエロー~レッドなどなど、色彩豊かなバリエーションが見られます。

中でも人気があり、しかも希少性が高いとされるのが、地色が濃く虹色がはっきりと美しいブラックオパールです。ブラックオパールが放つその神秘的な色合いはマニアがいるほどの人気ぶりです。

3. 遊色効果

遊色効果(ゆうしょくこうか)とは宝石が持つ特徴の一つで、虹のように様々な色彩が見られる現象のことをいいます。代表的な宝石がこのオパールで、他にもラブラドライトや真珠などにも良く見られます。ブラックオパールはこの遊色効果が単に出るか否かだけでなく、どのような出方なのかによっても価値が変わってきます。

遊色の色味の希少性として最も高いのが赤で、オレンジ、黄色、グリーン、ブルー、紫の順になります。この色味の他、遊色の変化がどのような動きをするかも評価ポイントになってきます。細かくチラチラと動く遊色よりも、大柄ではっきりと動くもののほうが高く評価されています。

ブラックオパールの宝石言葉と意味

ブラックオパール5
一般的なオパールの宝石言葉は「幸運」「純真無垢」「希望」などポジティブなものが多いです。しかしブラックオパールは他のオパールとは少し違った意味を持ちます。
ブラックオパールが持つ宝石言葉は「威嚇」「自信」などで、他のオパールに比べてたいぶ強いイメージがありますね。

騙されちゃダメ!こんなブラックオパールに要注意!

ダブレットオパール

ブラックオパール

元々の数も少なく、大きなカラットで採掘されることがほとんどないブラックオパールにはいくつかの加工方法が存在します。
一つはダブレットオパールと呼ばれるものです。
球体の上半分が本物のブラックオパール、下半分がプラスティックなどの素材で二つを貼り合わせるという加工方法です。つまり本物は上半分のみという訳です。
しかしその上半分が市場価値の高いブラックオパールだったりすると、遊色効果がなく色味のぱっとしない低評価のブラックオパールよりも高価格で取引されていたりします。
が、繰り返しますが下半分はブラックオパールではありません・・・。

トリプレットオパール

ブラックオパール
そしてもはやブラックオパールではないものがトリプレットオパールです。
薄いオパールの欠片で黒いプラスティックなどの素材を挟み込んでサンドイッチ状態にしたものです。真ん中に黒いプラスティックなどの素材、その上下に薄いオパールの欠片、その上から透明のプラスティックを重ねて作るもの。ほとんど工作みたいなものですね。
トリプレットオパールは完全な偽オパールです。

本物との見分け方

希少性が高く、マニアには垂涎モノの宝石であるブラックオパールですが、その人気を悪用するような販売元も残念ながら存在します。そこで皆さまには本物か偽物かを判別するコツをお伝えしようと思います。

まず裏を見ます。本物は裏部分に加工をしていないので隠す必要もないため、地金などでふさいでいないことが多いものです。もしデザイン上地金が被せてあるものなら、販売員に確認するのも良いでしょう。

次に横からその断面をチェックします。母岩とオパールとの境目に不自然に接着されている箇所がないかを確認します。中には精巧にできているものもありますが、宝石用のルーペで見れば確認できます。もし不安あれば10倍の宝石ルーペで見てみましょう。

おわりに

ブラックオパール6
今、地球上で見つかっているオパールのほとんどは約6000年も前に地中深くでできたと言われています。その中でも特に希少性の高いブラックオパール。ブラックオパールはその遊色効果の豊富さからも、一つとして同じものがない宝石だと言われています。
もしそのブラックオパールと出会えたら!
その出会いはほとんど奇跡だと言えるかもしれませんね!?

リカラット編集部 監修