ダイヤモンドの鑑定書(グレーディングレポート)て?

ダイヤモンド 鑑定書

ダイヤモンドの鑑定書(グレーディングレポート)て?

鑑定書付きのダイヤモンドを購入したはいいけれど、見方がよくわからないという方のために。鑑定書がどんなものかということから各項目の意味まで、詳しくご紹介していきます。

ダイヤモンド 鑑定書

鑑定書とは

鑑定書とはダイヤモンドに付く品質証明書のようなもので、「グレーディングレポート」と呼ばれることもあります。ダイヤモンドをいくつかの項目でグレード分けし、その結果について記載しています。

鑑定書はラウンドブリリアントカットというカットを施されたダイヤモンドにのみ発行されます。それ以外のカットのダイヤモンドや、他の種類の宝石に発行されることはありません。主な発行機関としては中央宝石研究所(CGL)、アメリカのGIA(Gemological Institute of America)などがあります。

鑑定書と鑑別書の違い

先に述べたように、鑑定書がラウンドブリリアントカットのダイヤモンドのみに発行されるのに対し、鑑別書は全ての宝石が対象となります。その石の大きさや重さ、石の種類、天然か否かなど、検査を行った上で発行することができます。

ダイヤモンドの部位名称

鑑定書の内容を把握する上で、ダイヤモンドの部位の名称を覚えておくとより理解しやすくなります。

テーブル

カットされたダイヤモンドの一番上の平らな部分です。

クラウン

側面からダイヤモンドを見たときのガードルより上の部分すべてを指します。

ガードル

カットされたダイヤモンドのもっとも広い外周部分(横から見たときにもっとも出っ張っている部分)で、クラウンとパビリオンを分けている面にもなります。

パビリオン

カットされたダイヤモンドのガードルから下の三角形の部分を指します。

鑑定書の見方

Cut(カット)

形状やプロポーションなどを表すカットの等級についての記載です。「Cut Grade」欄には最も良い「Excellent」(最上級)から「Very Good」(大変良い)、「Good」(良い)、「Fair」(やや劣る)、「Poor」(劣る)で表記されています。ダイヤモンドの4Cの中で唯一、人が手を施した結果に対する評価になります。

Color(カラー)

無色透明の最高ランクをDカラーとし、E、F、G…と続きます。Zまで存在はしますがK以降は黄味がかってきます。また、カラーダイヤモンドには別の指標があります。一般的に婚約指輪として綺麗なダイヤモンドと言われるのはだいたいDからHくらいの無色透明~ほぼ透明の間になります。

Carat(カラット)

ダイヤモンドの重さ(大きさ)を表しています。

Clarity(クラリティ)

ダイヤモンドの透明度について記載してある項目です。天然の鉱物にはたいてい石の中に多少の不純物が入っているものです。その内包物や傷がどのくらい入っているのかでランク分けしてあります。石を10倍用のルーペで見た時を判断基準としています。

全く傷も内包物も存在しない場合は「FL」(フローレス)、続いてほとんどないという意味の「IF」(インターナリーフローレス)、「VVS」(Very Very Slightly Included)、「VS」(Very Slightly Included)、「SI」(Slightly Included)と続きます。

市場で流通している鑑定書付きのダイヤモンドはSIクラス以上のものと言っても良いでしょう。それ以下になってしまうとかえってセールスポイントにならず、鑑定書を発行するメリットがなくなってしまうためです。

トリプルエクセレント

カットの総合的な評価であるプロポーション、表面の仕上げの状態を表すポリッシュ、対称性のシンメトリーの3つの項目がすべて「Excellent」であった場合は「トリプルエクセレント」と呼ばれています。

ハート&キューピッド

特殊な専用スコープでダイヤモンドを見た時にパビリオン側にハートマーク、クラウン側に矢のマークがそれぞれ8つずつ浮き出して見えるものを指します。これはある一定のプロポーションとシンメトリーの条件をクリアしたものだけにあらわれます。

鑑定書だけではわからない相性


鑑定書は購入したダイヤモンドを細かく厳しくグレード分けした結果が綴られている明白な資料です。でもダイヤモンド選びは鑑定書だけが全てではないと思います。婚約指輪などは鑑定書があったほうがベターかもしれませんが、それ以外の用途で購入する場合は「相性」も重要だとよく聞きます。

実際に手に取ってみてしっくりくるかどうか、でその宝石との相性がわかるといいます。宝石との出会いは人との出会いによく似ているものです。鑑定書と皆さんの感覚、両方を大切に宝石選びを楽しんでみましょう。

リカラット編集部 監修