宝石琥珀(アンバー)ってどんな宝石?色や種類は?

琥珀 ジュエリー

琥珀(アンバー)は植物の樹脂の化石です。

ジュラシックパークという映画で取り上げられたため、一気に知名度があがった宝石だと思います。

皆さんの中にもそこから知ったという方がいらっしゃるのではないでしょうか。

実際、ジュラシックパークに登場する蚊の入った琥珀は実在し、蚊以外にもいろいろな虫や虫以外のものが取りこまれたものも存在します。

今回はそんな数千万年の長い時間をかけてつくりあげられた琥珀(アンバー)という宝石について、色々話してみたいと思います。

琥珀(アンバー)にはどんなものがある?

琥珀 アンバー
一般的には加熱によって色の改善が行われている琥珀(アンバー)ですが、いろいろな色のものがありますのでご紹介します。

イエローアンバー

もっとも一般的な琥珀です。黄色く透き通った琥珀は見る人にハチミツのようなトロリとした印象を与えます。

チェリーアンバー

イエローアンバーと比べて、赤みを帯びた琥珀です。赤の度合いが強くなればなるほど価値が高いといわれていますが、加熱による発色であることが多いといわれています。

レッドアンバー

これは、文字通り真っ赤な琥珀ですが、天然のものは非常に少なく滅多に市場に出回らないといわれています。

一般的に加熱・加圧の処理がされていることが多いといわれる宝石です。

レッドアンバーの詳細記事へ

グリーンアンバー

こちらも、天然のものもあるらしいという話ですが、多くは加熱・加圧の処理がされているといわれる琥珀です。

黄色寄りの爽やかなグリーンに惹かれる人も多いでしょう。

ブルーアンバー

他の琥珀と違い、蛍光灯下で見た時にはイエローアンバーのように見える琥珀です。

ブルーになるのは、紫外線を当てた時

太陽光でも少し青みを帯びた光を放ちますが、ブラックライトをあてると、はっきりと青く光ります。

 

なお、琥珀は産地鑑別ができない宝石です。

虫入り琥珀

琥珀 虫入り 原石

その名のとおり、中に虫などが入っている琥珀です。映画「ジュラシックパーク」に出てきたのはこの種類ですね。

蚊やハエ、アリなどの小さな昆虫類が入っていることが多いようですが、稀にトカゲやカエルなどの爬虫類や木の葉、鳥の羽根などが入っているものも見つかっているそうです。

虫入り琥珀は、何も入っていない普通の琥珀に比べ価値も高くなることが多いようです。

虫の状態や種類によっても価格が変わるといわれ、爬虫類や動物が入っているものなど稀少性が上がるほどに価値も高くなるというイメージです。

虫入り琥珀の詳細記事へ

琥珀を選ぶときには注意が必要!

琥珀は加工しやすい材質のため、“偽物”が多い宝石でもあります。

その種類と見分け方をご紹介しますね。

コーパル

琥珀ほどは年月を経ていない、いわば「若い琥珀」がコーパル。

黄色い琥珀と比べると、色が薄く透明に近いものも多くなります

着色されて琥珀として売り出されることがありますが、琥珀のような耐久性はなく経年劣化で割れてしまうこともあるといわれています。

再生琥珀、圧縮琥珀

琥珀片を集めて固めて作った琥珀です。

材料は琥珀なので、偽物と呼ぶのは乱暴かもしれませんが、だからといって天然と呼ぶにも少し抵抗がありますよね。

虫入り琥珀(プラスチック)

太古の虫が入っている琥珀は人気があります。

ただし、偽物も多いので注意が必要です。

まずは、琥珀の真ん中に虫が入っているものが大量に売られている場合には偽物の疑いがあります。

もちろんそれだけでは判断はできませんが、プラスチックを使って虫入り琥珀をつくるケースが多いようなので、飽和食塩水に浮かべてみることで、琥珀かどうかということは確認できると思います。

食塩水に浮かべば「本物の琥珀」です。

グリッター、太陽のスパングル

琥珀のなかには、グリッターと呼ばれるヒビのようなものを内包したものがあり、中でも楕円形のような放射状のグリッターを太陽のスパングルと呼んでいます。

このグリッターはキラキラと輝くので、人気があります。

ただし、太陽のスパングルにも偽物が存在しています。

グリッターの繊細さである程度見分けはつきますが、虫入り琥珀と同じ飽和食塩水を使った方法でも分かります

※琥珀の偽物の見分け方についての記事はコチラから

最後に


琥珀は加工がしやすく、プラスチックなどを用いて偽物も作りやすい宝石です。

飽和食塩水に浮かべることで、琥珀かどうかをある程度見分けることができますが、私が過去に実験したときに、半分浮かび、半分沈むものがありました。おそらく、プラスチックに琥珀をプレスしたものなのでしょう。

それでも、琥珀には軽くて丈夫という優秀な一面があるので、ジュエリーには最適。

真偽の見分けは難しいですが、宝石の中ではそれほど高価なものではないので、気に入ったものがあれば、装飾品のひとつとして手に入れてみてはいかがでしょうか。

リカラット編集部 監修