【決定版】宝石の人工処理とその価値についてまとめ

女の子疑問

『宝石の裏側』の著者、内藤幹弘氏は「現在販売されている宝石の9割は整形美人」というショックな言葉を著書内でつづられています。

「整形美人は言い過ぎだろ(怒)」とつい感情的に反応してしまうのは、もしかしたら女性の私のサガなのかもしれません。

あくまで私の感覚ですが、宝石における処理というのはいわば「お化粧」のようなもの。

確かにノーメイクのナチュラル美人を求める気持ちは分からないでもないですが、石だって自然から生まれたのだからお化粧の一つや二つしたって良いじゃないかと思います。

実際「処理がされている」ことが宝石の価値に全く影響を与えないケースもあります。処理の有無が科学的に分からない場合などが代表例です。

一方で中には宝石の価値を大きく左右する人工処理も含まれるので、そこはバランス感を持って知識をつける必要があります。

そんな人々の心をもてあそぶ、宝石の「処理」について知っておきましょう。

「天然?」「天然じゃない?」人工処理に対する考え方

カラーストーンルーペ
まず、誤解してほしくないのが、人工処理されているからといって、天然石でなくなるわけではないということ。

ましてや処理石=偽物なんかではありません。

そもそも、「天然石」という言葉は「人工石ではない」ということを指します。

ちなみに人工石とは人工的につくられた石のこと、人間でいえば「ロボット」や「アンドロイド」の世界です。

一方、人工処理というのはあくまで天然に生まれた石に対して、鉱山で発掘された後に行われる「何か」のことを指します。

つまり言ってみれば「カット」も人工処理の一つ。だって人の手で行われてますからね。

それくらい「処理」といっても意味が広くて一般的なものもあるのだということをまずはご理解いただけたらと思います。

ちなみに鑑別書やソーティングに「この石にはカット処理が施されています」とは記載されません。

なぜならルースでカットという「処理」が施されているのは当たり前のことだからです。

宝石の人工処理には2種類ある

ピース
宝石に施される人工処理には、「買う際に注意が必要なもの」と「そうではないもの」の2つに大きく区分できます。

処理はお化粧のようなものと先ほど書きましたが、中には宝石としての価値が著しく低くなり価値がほぼゼロとなるケースもあります。

これは明らかに前者の「注意が必要な処理」と言えます。

一方で例えば鑑別書やソーティングで「通常、○○が行われています」と記載される場合があります。

これは読んで字のごとく「普通はこういう処理が行われていますよ」という意味なので、「その処理が理由で価値が落ちることは無い」とも読み替えられます。

専門的にはこれは専門的な検査を行っていなかったり(検査費用を節約するため)、もしくは「検出限界」という「科学的には処理の有無を確認できない」時に書かれる用語なのですが、あまり細かいことは知らなくて大丈夫です。

「通常〜」と書いてあればそんなに気にせず大丈夫、というのが石を買う側にとっては一番のポイントだと思います。

私もいつもそうやって買っています。

トリートメントとエンハンスメント

  • 注意が必要なものを「トリートメント(改変:整形のようなもの)」
  • そうでないものを「エンハンスメント(改良:メイク程度のもの)」

と呼び分けることもありますが、これは日本の一部の小売業界でかつてそう呼んでいただけのようで、海外でこの「トリートメント」と「エンハンスメント」と言っても通じません。

またAGL(一般社団法人 宝石鑑別団体協議会)加盟の鑑別機関では、このトリートメントとエンハンスメントを区別することはできません

この2つはあくまで価値の問題であって、科学的に明確な定義や違いがあるわけではないからです。

宝石の処理一覧

キラキラ宝石
同じ処理であっても、石によって価値に影響があるか無いかは異なります。

一概に「この処理はダメ!」ということは言えないのです。

なので代表的な処理についてご紹介しながら、対象となる宝石についてもまとめてみました。

加熱処理

サファイア
加熱処理は人工処理の中でも最も歴史が古くメジャーなものです。

宝石には地熱の影響で生み出されたものが多く、その自然環境を人工的に再現しようという狙いから始まりました。

加熱処理が行われる代表的な宝石は下記の通りです。

  • サファイア
  • ルビー
  • アンバー(琥珀)
  • タンザナイト
  • アクアマリン
  • ピンクトパーズ
  • ジルコン
  • シトリン
  • アメシスト
  • トルマリン

コランダム(サファイア、ルビー)を例に挙げると95%を超えるものが加熱処理を施されているといわれています。つまり、ほとんど全てが加熱処理をされているということですね。

サファイアの場合は、人工的に高温で加熱することで、中に含まれる有色元素の酸化チタンが内部拡散を起こし、色が濃く変化します。そのため加熱/非加熱を判別することができます。

一方タンザナイトやシトリンには人工的な加熱処理によって生まれるこのような痕跡が無いため科学的な検査でその区別をつけることができません。

こういった石については先ほどの「通常、加熱処理が〜」という文字が鑑別書には書かれます。

どの宝石でも加熱されたものと比べると、非加熱のものは希少なので価値が高い傾向にありますが、それが分かる石と分からない石とがあるということです。

含浸処理

エメラルド
含浸(がんしん)処理は一般的にはオイル処理とも呼ばれる人工処理です。

下記のインクルージョンやクラックが宿命とされる宝石には、通常的に含浸処理が行われているので「それが原因で価値がゼロになる」といったことはありません。

  • エメラルド
  • レッドベリル
  • ペツォッタイト
  • アウィナイト

含浸処理を施される宝石の代表格はエメラルド。

エメラルドの特徴ともいえるクラックや傷を目立たなくして透明度を上げるために透明材(オイルや樹脂)が注入されています。

無処理のエメラルドは10万個に1つ程度しかないといわれていますので、逆に言えば99.999%のエメラルドは含浸処理されています。

そのため鑑別書にも「通常、透明剤の含浸が行われています。」という記載があります。

ーーー

一方、透明剤以外の含浸には「価値がゼロになる」処理もあります。

代表的なのが含浸ルビーです。

これはルビーに鉛ガラスを充填したもので、価値としてはガラスとほぼ同じ、すなわち宝石としての価値はほぼなくなるので覚えておきましょう。

鑑別書がもしもついていたら、この様に明記されています。

石の部分の原価はほぼ0円なので、買うときはかなり注意された方が良いかと思います。

ワックス加工

表面のざらつきや光沢感を改善するために、「ワックス加工」という処理を行う場合もあります。

  • 翡翠
  • サンゴ
  • ターコイズ
  • ラピスラズリ

これも通常的に行われているもので石の価値を左右するものではないので、「通常、ワックス加工が行われています。」と鑑別書やソーティングには記載されています。

なお明らかなワックス加工が施されている場合は「通常、」という記載が取れて「ワックス加工が行われています。」と記載されます。

照射処理

ブルートパーズ
照射処理というのは宝石に放射線を照射する処理のこと。コバルト照射とも呼ばれています。宝石の色を美しく変化させることができます。

照射処理は宝石の種類によってはほぼ全てに行われているケースもあり、この場合は照射処理と書いているからと言って価値が落ちることはありません。

通常、照射処理が行われている宝石で代表的なものは下記の通りです。

  • ピンクトルマリン
  • レッドトルマリン(ルベライトも含む)
  • ブルートパーズ

ーーー

一方で照射処理によって明らかに価値が左右されるタイプの石があります。それは

  • ダイヤモンド

です。

照射処理を施されたダイヤモンドは、大変に鮮やかなブルーやピンク、イエローなどのカラーダイヤモンドとなります。

これらは「トリートメントダイヤモンド」と鑑別書では明記されます。

こちらはトリートメントのブルーダイヤモンドですが、もしも未処理のブルーダイヤモンドの場合、1ctで10億円くらいになります。

一般的な処理済みのブルーダイヤモンドですと1ctで10万円くらいです。

つまりこの間の比較ですと1万倍の差がありますが、含浸ルビーと違って「価値がゼロになる!」ということはありません。

ベリリウム拡散加熱処理

加熱処理のなかでベリリウムを表面に拡散する処理。有名なのがパパラチアサファイアで、安価な処理で色味を非常に鮮やかにすることができます。

ただし、パパラチアサファイアの場合は、ベリリウム拡散処理が施された場合はパパラチアサファイアとは認められません。すなわち価値ゼロです。

「拡散処理のパパラチアサファイアです」と”ベリリウム”の部分を曖昧にして売られることもあるので注意してください。

パパラチアサファイアに施される「ベリリウム拡散加熱処理」とは

レーザードリル処理

ダイヤモンドの黒いインクルージョンまで穴をあけ、酸で漂白して目立たなくする処理です。これもそうでないダイヤモンドと比較すると明らかに価値が低くなります

処理についての知識を持つことが大切

ハート型ストーン
日本の小売業界では、以前は宝石に処理をして、時間が経過すると効果が薄れたりして元に戻ってしまう場合はトリートメント、そうでないものはエンハンスメントと区別して呼んでいたりしていました。

買う側からすると分かりやすくて便利なのですが、AGL(一般社団法人 宝石鑑別団体協議会)加盟の鑑別機関では、トリートメントとエンハンスメントいうは区分法は採用していません。

宝石の価値はそれだけで決まるものではないですし、「トリートメント」「エンハンスメント」という分け方はあまりに恣意性が強いからです。

一つ一つの処理について覚えることだけではなく、その処理が宝石の価値に結局どのような影響を与えるのか、知っておくことはとても重要です。

リカラット編集部 監修





ABOUTこの記事をかいた人

趣味で20年以上レアストーン寄りの宝石やジュエリーを収集しています。メキシコのウォーターオパールからはじまり、既に50種類以上のルースを所持しています。王道(?)のグランディディエライトやレッドベリルをはじめ、コーネルピンやペツォッタイトといった誰も知らないような希少石も大好物。宝石を太陽光に当てたり、ブラックライトで照らしたりしてマニアックに宝石を楽しんでいます。