12月の誕生石タンザナイトのもつ5つの魅力とは

タンザナイト ルース

ティファニー社が名前をつけたことで有名なタンザナイト、憧れますよね~。

一見するとサファイアのように深いブルーの宝石ですが、ゾイサイトという別の鉱物です。

世界中で人気の高いタンザナイトの、5つの魅力についてお話しましょう。

タンザナイトとは?

タンザナイトは1967年に発見された比較的新しい宝石です。

東アフリカのタンザニアが発見地といわれていますが、一体どのような鉱物なのでしょうか。

まずは基本的な情報から見てみましょう。

鉱物としての基本情報

タンザナイトの鉱物としての情報を表にまとめてみました。

分 類  ケイ酸塩鉱物
鉱物名(英名)  ゾイサイト Zoisite
鉱物名(和名)    灰簾石(かいれんせき)
化学組成  Ca2Al3(SiO43(OH)
結晶系    斜方昌系
硬 度  6~7
屈折率  1.691~1.700
比 重  3.35
光 沢  ガラス
へき開  完全
カラー  青、紫、白、黄緑、

冒頭でお話したとおり、タンザナイトはゾイサイトという鉱物です。

かつて、ゾイサイトは褐色で発見されることが多く、宝石としての価値はないとされていました。

ところがブルーのゾイサイトが発見されると一転、「タンザナイト」として世界中を魅了することになったのです。

タンザナイトの産地

ケニア

Photo by : Andrzej Kubik / Shutterstock.com

タンザナイトの産地として有名なのは、東アフリカのタンザニアです。

かつては、キリマンジャロの麓にあるメレラニ鉱山の、約5億年前に形成された地層で採れるブルーのゾイサイトだけをタンザナイトと呼んでいたといわれています。

しかし現在ではマダガスカルなど別の産地も見つかっており、他の産地のものであってもタンザナイトとして流通していると聞きます。
※タンザナイトは産地鑑別ができない石です。

それにしても、アフリカ最高峰であり、富士山のように美しいキリマンジャロの麓で採れるタンザナイト、本当に特別な宝石のように思えてしまいます。

しかもグリーンが美しいツァボライトから、タンザナイトが産まれるのだと聞きます。

驚きだと思いませんか!?

ツァボライトに入っているバナジウムが熱による化学反応ゾイサイトを青く染めるのだと考えられているそうです。

自然の力はなんと神秘的なのでしょうか!

タンザナイト発見時の逸話

実はタンザナイトの発見には、面白い逸話が残っているといいます。

それは1967年のこと。ある日キリマンジャロの麓を歩いていたマサイ族が、青い鉱石を偶然見つけました

マサイ族が持ち込んだ鉱石を見た地元の宝石探鉱者は、それをブルーサファイアだと思い込んだそうです。

しかし化学分析の結果は、サファイアではなくゾイサイトという別の鉱物。

それをティファニーの当時の社長が「タンザナイト」と命名して売り出し、いつしか世界中で人気の宝石となったということです。

タンザナイトにまつわるお話は、どれもドラマティックだと思いませんか?

タンザナイトの色

タンザニア

タンザナイトといえば、青と紫が溶け合ったエキゾチックな色彩が特徴です。

タンザニアの夕暮れや夜の色、といわれることも多いのですが、むしろ朝焼けの空の色のようだ、というのがタンザニアで1年暮らした私の印象です。

タンザニアはあっという間に日が暮れます。夜は、日本では見たこともないような満点の星空になるのです。

そして朝はゆっくりと始まります。

暗い空が次第に紫になり、すみれ色から青い空に変わっていく様は、まさにタンザナイトの色のようなのですよ。

しかし、天然の状態でブルーに発色しているゾイサイトはとても希少だといわれています。多くの場合、褐色の色調を持っているからです。

それを400~600度で加熱すると、ゾイサイトに含まれているバナジウムの電荷が変わり、青色やすみれ色に変化するそうです。

そして現在では多くのタンザナイトが加熱処理をされていると聞きます。

しかしタンザナイトは「加熱処理がされているかどうか」を科学的に100%の確度で調べることは大変に難しい宝石です。

そのため鑑別書にも「通常、加熱処理が行われています」と書かれ、加熱処理がされていることで価値が下がることはないとされています。

タンザナイトの魅力

タンザナイト ルース

1.名前の持つ意味

先にもお伝えしたとおり、タンザナイトという名前はアメリカのティファニー社によって付けられたといわれています。

ゾイサイトの中でブルーからパープルの色合いをもつものがタンザナイトなのですが、発見された当時はそのままブルーゾイサイトと呼ばれていたそうです。

それがなぜタンザナイトという名前になったのでしょうか

命名したのは当時のティファニー社の社長ヘンリ・B・プラット氏だといわれています。

「ゾイサイト」が「スイサイド(自殺)」の発音に似ていることから、宝石には不適切と考えたそうです。

そこで、産地であるタンザニアにちなんで、タンザナイトと名付けたとか。

とても素敵なネーミングですよね。

もしもゾイサイトという名前のままだったら、こんなにも人々を魅了しなかったかもしれないと思うと、名前って大事ですよね。

2.原石

タンザナイト 原石

タンザナイトの原石は、地下1200mで採掘されていると聞きます。岩脈をダイナマイトで砕いて地上に運ぶのだとか。

原石は母岩の中にあるので、ハンマーを使って手作業で切り分ける必要があるそうです。

母岩にはツァボライトが共存していたり、ルビーを抱え込んだ緑色のゾイサイト(ルビーインゾイサイト)が見つかることもあります。

タンザナイトの最も大きい原石は3.277㎏で、2005年に発見されたといわれています。

3.強い多色性

タンザナイト ルース 多色性

タンザナイトは強い多色性が特徴です。

見る角度によって青い石の中に紫色が見えるのです。

昔見て、とても印象に残っているタンザナイトがあります

それはタンザニアの観光地として有名なザンジバルに行ったときの事。

迷路の街として有名なストーンタウンを散策していて、たまたま入った宝石店のタンザナイトが忘れられない美しさでした。

ショーケースに入ってライトアップされていたタンザナイトのルースは、5カラット近くありましたね。

サファイアのロイヤルブルーと同じような色だったのですが、見る角度を変えると赤い光がチラチラと走るのです。
ペンライトを当てると紫色に変わるのも素敵でした。

その素晴らしい多色性のタンザナイトは、いつまでも見飽きることがなかったのを覚えています。

4.一石で2色が楽しめるバイカラータンザナイト

バイカラータンザナイト ルース

タンザナイトにもバイカラーのものがあるのはご存知でしょうか。

バイカラーとは一つの石の中に2色が分け入っていることをいいます。

ゾイサイトは、微量な金属イオンを含むことで、様々な色に変化すると考えられています。

バナジウムが多いとブルーになり、クロムが多いと紫色や緑色に、そしてマンガンが入ると赤色、チタンは褐色から黄色に変化するそうです。

これらの金属イオンが絶妙に溶け合って、2色や3色の石になるといわれています。

バイカラーのタンザナイトは、ひとつひとつが特別なオンリーワンです。

カットする場所によって配色が変わるので、まったく同じものが無いのだそうです。

5.12月の誕生石

タンザナイト リング

GIA(米国宝石学会 / Gemological Institute of America)は誕生石も定めています。タンザナイトは12月の誕生石。12月生まれの方が羨ましいですねぇ。

12月の誕生石は他にもあって、ターコイズ(トルコ石)とジルコンも加えられています。どの石がお好みでしょうか。

誕生石は国や時代によって違います

日本では、タンザナイト、トルコ石、ジルコンに加え、ラピスラズリも12月の誕生石とされています。

選び方とお手入れのポイント

タンザナイト ルース

タンザナイトを選ぶときは、色、彩度・明度、透明度、カットなどをよく見極めましょう。

色が濃く、透明で内包物の無いものが一般的に価値が高いとされています。

多色性がはっきりしていることも重要です。

細かいカットがされているほうが光の反射が綺麗ですが、様々なカットがあるので好きなものを選びましょう。

私が過去3カラット以上あるタンザナイトのルースを2つ、タンザニアで購入した時のこと。

タンザナイトは衝撃に弱いのでペンダントにしたほうが良い」と、宝石店の方がアドバイスしてくれました。

しかし私は、いつもタンザナイトの輝きをじっくり眺めたいので、リングにしましたよ。

普段使いは避けて、特別な時に楽しむようにしています。

ぶつけないように注意が必要。超音波洗浄は厳禁です。割れてしまいます。

温かい石鹸水で洗い、やわらかい布で優しく拭きましょう。

最後に

タンザナイト ルース

タンザナイトは硬度が6~7と、あまり頑丈ではありません

劈開(へきかい)性と呼ばれる、一定の方向に割れやすいという性質もあります。

しかしダイヤモンドやサファイアのように硬くはない、というのも、実はタンザナイトの魅力ではないか、と私は思っています。

硬度の低い石には特有の柔らかく暖かい光がありますよね。タンザナイトの光はしっとり柔らかく、優しく感じるのです。

ぜひタンザナイトを手に入れて、様々な光によって変化する独特の色と光を楽しんで下さい!

リカラット編集部 監修

ABOUTこの記事をかいた人

宝石集めが趣味。産地として有名なスリランカやタンザニアに行き、いろいろ集めました。今後コレクションに加えたいのは、はっきり色が変わるアレキサンドライトと、少しオレンジ寄りのパパラチアです。