宝石屋も一度も見たことがない!?「フローレス ダイヤモンド」とは?価格は?

宝石屋も一度も見たことがない!?「フローレス ダイヤモンド」とは?価格はどれくらい?

ダイヤモンドがお好きな方なら、フローレスダイヤモンドという名称を一度は耳にしたことがあるかもしれません。

フローレスダイヤモンドとは、具体的にどのようなダイヤモンドのことを指すのでしょうか。

聞いたことはあるけれど、見たことはない

そうまさしくそれがフローレスダイヤモンド。

それもそのはず、実際市場に出回ることは少なく、宝石業者でさえも見られることは滅多にないと聞きます。

今回はそんな幻ともいえる存在のフローレスダイヤモンドの希少性や価格についてをお伝えしていきます。

フローレスダイヤモンドとは

ダイヤモンドルース
ダイヤモンドは、カラット、カット、カラー、クラリティ、の4つの項目の頭文字を取った『4C』で評価されます。

そして今回のテーマであるフローレスは、その4Cのひとつである『クラリティ(Clarity=透明感)』のグレードの一つ。

ダイヤモンドの中に内包物があったり傷などがないか、ダイヤモンドのいわゆる透明感について鑑定し評価するものです。

鑑定機器で検査すると、ダイヤモンドの内部にはインクルージョンがあり、表面にはキズなどを意味するブレミッシュが発見できます。

これらの大きさや位置によって、クラリティ評価のランク付けが11段階に分けられるのです。
※クラリティグレードについては、こちらの記事を参考に
ダイヤモンド4Cの「クラリティ」って?
決定版 ダイヤモンドのクラリティの基礎 徹底解説

ダイヤモンドには必ず少しの内包物がある

ダイヤモンド原石
しかしダイヤモンドは、地中の奥深くで何千~何億年もの間、高圧と高熱に耐えて生成した物質。

長い成長過程のなかで、ほかの結晶を閉じ込めたり、欠けが生じたりするのが一般的です。

つまりこの世に全く同じダイヤモンドは存在しないといわれる通り、それぞれのダイヤモンドがその個性かのように大きさの異なるインクルージョンなどをもっているのが普通なのです。

ダイヤモンドの原石に内包物などがある場合、なるべく欠点が目立たないようにカットと研磨が施されるようなのですが、それでも場所や大きさによってはカット後も残ってしまうのが実情です。

フローレスダイヤモンドの意味

ダイヤモンド
クラリティ(透明感)のグレーディングで『フローレス』は最高ランクです。キズや欠点がひとつもない、完璧という意味をもちます。

経験を積んだ熟練のダイヤモンド鑑定士が、拡大鏡でよく観察しても、全く欠点が見られないものだけが『フローレス』とランク付けされるのです。

しかし先にも述べた通り、天然のダイヤモンドには何かしらの内包物やキズがあるのが普通です。

欠点が全くない、完璧な「フローレス」のダイヤモンドというのは世界中でも超稀、大きさによっては奇跡に近い存在といってもおかしくないレベルなのです。

なので通常市場に出回っているのは2段階下のVVSクラス以下のものが多く、フローレスと1段階下のIF(インターナリー・フローレス)のダイヤモンドは滅多に出回らないといわれています。

宝石業界の人間でさえなかなかお目にかかれないと聞きますので、それほどレアなグレードだということですね。

有名なフローレスダイヤモンド

サザビーズのダイヤモンド

2018年に、サザビーズがロンドンのダイヤモンドブティック開店1周年記念として発表した、フローレスのダイヤモンドです。

ラウンドブリリアントカットが施されたダイヤモンドで、グレードは以下の通りでした。

  • 102.34カラット
  • カラーは最高ランクのⅮ
  • クラリティがF(フローレス)

GIAは、「これまでに鑑定したD-フローレスの中で、最大のラウンドシェイプ」と記述したほどです。

原石は425カラットの大きさで、ボツワナのデビアス鉱山で発見されたものだそうです。現在は匿名の個人が所有しています。

デ・グリソゴーノ・ネックレス

2017年にクリスティーズで落札された、163.41カラットのダイヤモンドです。

エメラルドカットでカラーグレードがⅮクラリティはフローレス。ダイヤモンドとエメラルドが配された、豪華なネックレスのトップにセッテングされています。

フローレスダイヤモンドの価格


次にフローレスダイヤモンドの希少性について、具体的な数字で言うと、2カラットの大きさが見つかるのが、大体1億個に1個くらいの割合といわれています。

そして1カラットは1千万個に1個、0.3カラットでも10万個に1個くらいしか発見されないという、非常に稀な存在なのです。

さて、気になる価格ですが、例えば『グレードがⅮ、フローレス、3EX』の場合、このようになります。
(※リカラットの販売価格基準に基づく目安)

  • 1ct…250万円
  • 2ct…1千万円
  • 3ct…2500万円
  • 5ct…8000万円

ちなみに、写真は100ctで25億円のフローレスダイヤモンドです。

まとめ

ダイヤモンド
宝石業者でも中々目にすることが出来ないという、フローレスのダイヤモンド。

サザビーズやクリスティーズに出品されることが稀にありますが、とてつもない額で落札されるようです。

もしもいつかどこかで目にする機会があったら、その透明感をじっくりと確認してみたいです。

リカラット編集部 監修





ABOUTこの記事をかいた人

ロンドン在住。Gem-Aで学んだ後、2001年にFGAとDGAを取得。宝石の歴史や伝説などについてのお話と、19世紀末のアール・ヌーヴォーのデザインがお気に入り。好きな宝石は、深いコバルトブルーをしたアウイナイトです。