宝石やダイヤや貴金属の買取で、本当にあったヒドイ話3選。

jewelry1

宝石やダイヤや貴金属の買取で、本当にあったヒドイ話3選。

リフォームした時に余ってしまった貴金属、昔買ったけどもう付けない宝石や 金、ダイヤなどのネックレスや指輪……。あなたは処分する時どうしますか?

「宝石や 金、ダイヤを高く買い取ります!」というコマーシャル、最近ネットやテレビでも良く見かけますよね。私は自宅で仕事をしていますが、月に1度くらいは「要らない宝石や 金、ダイヤなどを買い取りますが、ございませんか?」という電話がかかってきます。

しかしご用心!これらの高額な商品の買取には注意が必要です。今回は本当にあった実話と、対策法についてご紹介しましょう。

電話で言われた見積もりが、まさかの値段に……。

jewelries2
パールのネックレスとダイヤの指輪をなるべく高く買い取ってもらいたい。ネットの広告で見た大手のリサイクル店のLINE査定でまずは値段を確認したAさん。納得できる金額だったので、実際に商品を持ってお店に行ったそうです。

「初めて行くお店で緊張しましたが、接客や対応は丁寧で良かったです。でも写真も送って査定して頂いた商品が、実際に来店したら買取価格が4割以上低かったのでびっくり。

パールもダイヤも破損していた訳ではありません。購入したのは2〜3年前の物だったので、ショックでした。もしかしたら、査定の時の料金って比較的高めに伝えられるのでしょうか?実際に店舗に行くと、査定額は下がると予想して行った方がいいかも知れません。」

せっかく来店したものの、Aさんは結局品物を持ち帰ったそうです。

他にも
「HPで査定したら40000円と書かれていたのに、実際に持ち込んだら31000円と提示されましたので売らずに帰りました。」
という意見もアリ。LINE査定等で見積もりを取っても、来店すると違う値段を言われたりすることはあるようです。

鑑別書付きのエメラルドがまさかの3000円!

エメラルドリング
Yさんは義理の母から「昔は〇〇万円もしたのよ。」と鑑別書付きで大きなエメラルドの指輪をもらいました。しかしデザインも古く、付けて行く場所もなかったために、たまたま自宅の近くにできた買取店に持ち込んだそうです。

「テレビでコマーシャルしていたお店だったので、安心だと思って査定してもらいました。お店の男性の方が指輪のグラムを計り、鑑別書にじっくりと目を通してくれたものの、

『これは古いプラチナだから、グラムで2100円がいいところですね。エメラルドは価値がないので3000円がベストです。』

と思いがけない金額を言われて唖然。デパートで買った時は数十万だったと義母が自慢していた指輪なのに、納得できません。」

なるほど。これはショックですよね。ただ、買取のお店では金やダイヤに比べると、色石(ダイヤ以外のルビーやエメラルドなどの宝石)の買取価格は低く見積もられることもあるようです。

ブランドの金無垢の時計があり得ない値段に

腕時計
海外でも人気の高い金無垢のブランドの時計を買取店に持ち込んだTさん。ちょうど金の値段が高い時期だったのを確かめて来店したそうです。

持ち込んだ日の金の価格は1gで3950円。それなのにお店では1g3500円で計算されたそうです。納得がいかなかったので、他の店に持ち込んだところ、最初の店よりもずっと高い金額で査定されたとか。それでも疑問が残ったので、結局買取してもらわなかったそうです。

「金無垢の商品なら、たとえ時計でもムーブメントと風防を外せば、専門の金の買取業者の店に持ち込むとその時の表示価格で1gいくらときっちり金額を提示してくれるみたいです。ネットのリサイクル店や質屋に持ち込むよりもいいかもしれない、と思いました。」

なるほど、査定額はお店によってバラツキがあります。やはり色々と事前にリサーチすることは大事かも知れませんね。

宝石や 金、ダイヤを高く買い取ってもらうには

ジュエリー鑑定
この記事を書くために、私もいろんな買取店のサイトの情報や口コミを読んでみましたが、確かに見積もり通りの価格で買取してくれないお店はあるようです。

宝石や 金、 ダイヤを高く買い取ってもらうには、1店舗だけで査定してもらうのではなく、必ず別のお店も複数店まわって結論を出すようにしましょう。

また、そのお店で販売されている商品の値段を参考にすれば、買取価格を予想することができます。例えば、A店とB店があった場合、ダイヤの商品がA店の方が豊富で値段も高かったら、B店よりA店の方がダイヤの買取金額は高いかも知れません。(必ずしもそうでない場合もあります)

宝石や 金、ダイヤは一生の財産。その輝きは永遠です。思い出のある大切な商品ですから、手放す場合は納得がいくまで自分の足でリサーチしてみてはいかがでしょうか。

リカラット編集部 監修