石言葉は勝利!ロードライトガーネットの魅力

ロードライトガーネットリング

ガーネットと一言でいっても様々な色があります。お馴染みのレッド系のものからグリーン、イエロー系のものまで、実はカラーバリエーションが大変豊富な宝石です。

そしてその中でもロードライトガーネットは美しい色合いで人気の高い種類の一つです。

今回はそんなロードライトガーネットについて少し深掘りしてお話していきたいと思います。

ロードライトガーネットはどんな色?

ガーネットの種類
ガーネットは、12種類以上からなる宝石のグループ名です。

そしてその中で赤色系のグループに属するものは大きく分けて3つ存在します。

アルマンディンガーネットパイロープガーネットと、このロードライトガーネットです。

アルマンディンガーネットは黒っぽい深みのあるレッドパイロープガーネットは鮮やかな血のような赤が特徴です。

そして、ロードライトガーネットはこの2つの色のちょうど中間色、ワインレッドのようにやや紫がかった赤色が美しいガーネットです。

個人的にはガーネットの中でもっとも好きな色がこのロードライトです。ややピンク味を帯びた赤が品の良い可愛らしさを醸し出していて、お気に入りの宝石の一つです。

ロードライトガーネットの名前の意味

ロードライトガーネットルース2
ロードライトの名前はギリシア語からきているもので、バラを意味する「rhodo」鉱物という意味の「lite」がくっついて「rhodolite」になったといわれています。

バラの花びらのような色という、まさしくロードライトガーネットの色味を表した美しい名称ですね。

和名では「薔薇柘榴石(ばらざくろいし)」などと呼ばれています。

ロードライトガーネットの産地は?

ロードライトガーネット原石
有名な産地としてはタンザニア、スリランカなどが挙げられます。

1882年にアメリカのノースカロライナで初めてロードライトが発見されましたが、その後残念ながら枯渇してしまいます。

その後1964年にタンザニアでも良質なロードライトが見つかり、話題になりました。

ロードライトガーネットの魅力

ロードライトガーネット ルース

宝石言葉

ロードライトガーネットが持つ宝石言葉は「勝利」「不変の愛」「実りの象徴」などです。

成熟していて、確固たる力強さのあるイメージの言葉ですね。色合い自体が強い赤色なので、頼もしいイメージも納得です。

お手頃価格

宝石の種類によっては、カラットが大きな状態で発見されることが少ないものも多い中、ガーネットは比較的大きなカラットでも採掘されています。

そのためボリューム感あるデザインのものから、カジュアルなピアスに至るまで、その用途に合わせて数多くのデザインが流通しています。

同じ赤系統でもルビーになると、お値段の桁が変わってきますので、ガーネットはお財布にも優しい宝石といえますね。

しかもだからといって、安かろう悪かろうではなく、日本でガーネットの人気が高いこともあって、品質が良くデザインも豊富だったりするので、ガーネット好きには恵まれている環境かと思います。

おわりに

ロードライトガーネット リング
ガーネット人気の高い日本にあってその人気のトップに君臨するロードライトガーネットについてご紹介してきました。

他の赤色ガーネットに比べて、紫色が混ざっているのでピンク系赤という色合いがロードライトガーネットの特徴です。

おすすめアイテムとしてはやっぱりリング。色味の美しさを十分堪能できるカラットで、日常的な耐久性にも優れているロードライトガーネットはリングにしても最適です。

一日中指先を見てしまわないように注意が必要です!

リカラット編集部 監修