スターリングシルバー徹底解説 S925、純銀ってなに?についてお答えします

スターリングシルバー徹底解説 S925、純銀ってなに?についてお答えします

シルバーアクセサリーの素材刻印を見てみると「S925」や「スターリングシルバー(sterling silver)」、「純銀」などと刻印されているものがあります。

シルバーであるということはわかりますが、スターリングシルバーとは一体何でしょうか?

今回はこのスターリングシルバーの詳細とS925や純銀についての詳しい解説も一緒にお話しします!

スターリングシルバーとは

スターリングシルバー アクセサリー

スターリングシルバー(sterling silver)とは、92.5%の銀と7.5%の銅で出来た合金のこと。

銀の純度の割合を表す数字から、「925」「SV925」「S925」と表記されることもあります。

スターリングシルバー基準といわれる、このシルバーの純度基準を925/1000と最初に設定をしたのは、あのティファニー社です。

混じりけのない純粋な銀は「柔らかく、衝撃や圧力で破損されずに変形できる可鍛性に優れている一方、傷が付きやすい素材」です。

日常的に使用するジュエリーやカトラリーなどの製品には、より高い耐久性が必要でした。

そこで他の金属と組み合わせることとなります。

92.5%の銀と7.5%の銅での配合となっていますが、この銅の部分の7.5%、実はコレ、他の金属との組み合わせも可能でした。

しかし様々な実験の結果、シルバーの美しい色合いを損ねることなく、かつ硬度と耐久性を高めてくれるのに最もふさわしい金属がでした。

ちなみに現在、このティファニー社が設定した925/1000のスターリングシルバー基準は、アメリカの公式基準として採用されています。

S925、純銀という定義について

コイン

「S925」は時に「925」や「SV925」、「スターリングシルバー(sterling silver)」と表記が変わりますが、実際には全て同じ意味を指しています。

前述した通り、92.5%の銀と7.5%の銅で出来た合金のことで、「925」という数字はシルバーの純度を指しています。

それでは、純銀とはどういった状態を指すのでしょうか?

純銀についてのお話をする前に、まずは銀の純度について少しご説明しましょう。

銀の純度について

銀の純度の表記には、1000分率を用います。

現在、日本の銀製品の純度は1000、950、925、900、800の5種類が存在し、それぞれ銀の割合を示す数値からきています。

この中で1000と表記されるものが、純銀、すなわち混ぜ物のない100%のシルバーということになります。

ちなみに、950はブルタニアシルバー(Britannia Silver)925はスターリングシルバー(sterling silver)900はコインシルバーとも呼ばれます。

このような純度の割合のことを「品位」と言います。

国によって認識に違いのある純銀

というわけで、純銀とは1000と表記される銀のことを指します。

日本では「純銀」という言葉に「混ざりけのないもの」という認識があるので、純銀といえるのは基本的に「S1000」や「1000」、「SV1000」といった「1000」の表記があるものとなります。

しかし実はこの「純銀」表記にははっきりとしたガイドラインが設けられているわけではありません

そのため、「999」と表記されているものも実際には純銀として扱われたりします。

また、「925」や「スターリングシルバー(sterling silver)」とは、明確に区別されていますが、「sterling」には「価値のある」や「本物」といった意味があり、イギリスの法定では「925」のシルバーは「純銀」と定められているそうです。

これは600年以上もの間、イギリスで使われる5ポンド銀貨が「925」の品位のシルバーで作られていた為なのですが、今でもイギリスではポンドのことをpound sterling(ポンドスターリング)と呼ぶことがあるそうです。

このように国によって、純銀の定義に違いがあるという訳ですね。

イギリスで「純銀のジュエリー」だといわれたら品位は「1000」ではなく「925」であることが多いと覚えておくと良いかもしれませんね!

最後に

銀製品

カジュアルなジュエリーから個性的なデザイン、そして食器にまで利用される、シルバー。

銅を加えることで自由に硬度や耐久性を変えることが出来るため、利用する製品によって変えられるのは広範囲に利用しやすい利点ともいえますね。

余談ですが、シルバーアクセサリーを身につけると肌が赤くなるなど、金属アレルギーが出やすいといわれていますが、実は銀ではなく銅などの混ぜ合わせている別の金属に反応している場合が殆どとか。

シルバーアレルギーだと思っていたけど「純銀のシルバーアクセサリーを身につけたら、アレルギーが出なかった」という話も聞きますので、「シルバーアクセサリーが好きなのに、アレルギーで身につけられない・・・」という方は諦める前に一度きちんと調べてみると良いかもしれませんね。

いずれにせよ、こちらの記事を読んでシルバージュエリーの魅力を知って興味をもつ方が増えたらうれしいです♪

※その他の貴金属含め、刻印についてはこちらの記事がオススメです!
この3つの刻印だけは絶対に注意!(貴金属の刻印一覧つき)

リカラット編集部 監修





ABOUTこの記事をかいた人

毎日200個以上の宝石に触れる仕事をしています。宝石のことをあまり知らない方にも、分かりやすい記事作りを心掛けています。オードリーヘップバーンの映画を観てからクンツァイトに魅了されています。